このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第546回

発売から10年 Boogie Boardの直系末裔モデルを衝動買い

2019年09月04日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
10年前に初代機が発売されたBoogie Boardは、そのシンプルな構造と使い道を気に入ってしまい、この10年で30台以上のBoogie Boardとそのそっくりさんを衝動買いしてしまった。でもずっと変わらない一番のお気に入りは、なんと10年前の初代機「BB-1」だ

初代の発売から10年、Boogie Boardの
直系末裔モデル「BB-1GX」を衝動買い

 今から10年ほど前、ガジェット好きの友人が米国で発売されるという「Boogie Board」と呼ばれる手書き電子メモを買うというので便乗させてもらったのが、筆者とBoogie Boardの最初の出会いだった。

 Boogie Boardは、Kent Display社の開発した“コレステリック液晶”(ChLCD)技術を使った薄型・低消費電力のディスプレーを搭載し、ペン先や爪などで筆記時に筆圧をかけることで、インクのように描くことができる電子メモ系の製品だ。

 その筆記線は明るく、反射率が高く見やすいのが特徴だ。一旦筆記されたモノは定電圧の電気パルスを流すまでそのまま保持され、電気を使用するのは消去時の一瞬だ。それゆえ長時間バッテリー駆動が可能となるが、人が一番やりたい、消しゴムのような部分消去は基本的に不可能な製品だ。

 後発モデルの中には工夫を凝らして、誤消去防止機能やPC転送同期機能、筆記後の部分消去を実現した製品などさまざまな改良品もあるが、使い勝手やその消去能力の実用度を試した限り、筆者の感覚では、基本コンセプトである“スイスイ書いてパッと消せる”基本イメージとは距離のある“残念機能”だった。

今やBoogie Boardとそのそっくりさんは“手書き電子メモ”というジャンルで多くのモデルが存在する。秋葉原でもさまざまな商品が店頭に並ぶ
筆記はおおむね付属のスタイラスで描くが、爪先でも描ける。スタイラスの細さと筆記線は絶対的に同期はしないが、ボードの種類によって、細い線が得意なボードやスタイラスを一ヵ所に長く置くとにじむような太い線の引ける特性のモノまでいろいろあるので、お好みで選ぶことができる。老舗のBoogie Boardは、どちらかと言えば太くてコントラストの強い筆跡系。そっくりさんは細い線が得意なモデルが多い。ボールペンや鉛筆との筆記幅サイズ比較もおもしろい 筆記はおおむね付属のスタイラスで描くが、爪先でも描ける。スタイラスの細さと筆記線は絶対的に同期はしないが、ボードの種類によって、細い線が得意なボードやスタイラスを一ヵ所に長く置くとにじむような太い線の引ける特性のモノまでいろいろあるので、お好みで選ぶことができる。老舗のBoogie Boardは、どちらかと言えば太くてコントラストの強い筆跡系。そっくりさんは細い線が得意なモデルが多い。ボールペンや鉛筆との筆記幅サイズ比較もおもしろい
そっくりさんには20型以上のモデルもあり、かなりのコンテンツを描きこめるが、これも好き好き、向き不向きがある。このサイズだと定規も使えてしまう そっくりさんには20型以上のモデルもあり、かなりのコンテンツを描きこめるが、これも好き好き、向き不向きがある。このサイズだと定規も使えてしまう

 あれから10年、その間に毎年発売されるBoogie Boardの新製品をはじめ、類似の他社製品も、視界に入ればそのすべてを衝動買いしてコレクションしているが、やはり10年前に発売された初代Boogie Boardを超える製品は未だに見当たらない。

 現存するBoogie Boardのラインアップをざっと眺めてみると全部で10モデルほどあるが、多様化と多種化によって、ブランド認知度や総売り上げ増には貢献したとは思うが、製品そのものをより異次元の高みに持ち上げることは無かったように感じている。

 一般的に製品というものは、発売後から機能アップによる多機能化と基本品質の向上を繰り返しながら、少しずつ改善による安定性が見られるのが普通だ。しかし、ことBoogie Boardに関しては、初代のできばえが良すぎた。また、それと見事に合致する“シンプル”な使い方提案の哲学が登場時のインパクトを最大化していたと言えるだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン