このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第572回

電子メモ付きQi対応モバイルバッテリー「メモバッQiリー」を衝動買い

2020年03月12日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

登場してから長い年月の経つ「USBモバイルバッテリー」は今後の市場での生き残りをかけてさまざまな拡張や機能強化を行っている。ユーザにとってはなかなか楽しいテクノロジー系アクセサリーだ。超低価格戦略、機能&デザイン戦略、ウケ狙いジョーク戦略、他機能製品とのハイブリッド戦略などが主な生き残り手段だが、今回ご紹介する「メモバッQiリー」(メモバッチリー)は最後のハイブリッド戦略となる「電子メモ」と「ワイヤレス充電Qiのモバイルバッテリー」とのハイブリッド商品だ

まったく別の機能を提供するハイブリッド商品、登場!

 テクノロジー系アクセアサリー製品のおもしろいのは、時にそのライフを通してさまざまな関連製品とハイブリッドしたおもしろいモノが登場することがあることだ。そんな中で以前から非常に興味を持って見ている商品に「USBモバイルバッテリー」がある。

 登場した初期は、単にスマホやタブレットなどのバッテリー消費の大きなメイン機器用のハンディな給電オプションとして登場したUSBモバイルバッテリーだが、マーケットの成長拡大に伴い、低価格化のトレンドとは逆に、機能の高級化、差別化に向かうトレンドも同時に登場するのが一般的だ。

スマホを充電するだけなら1〜2ヶ月は十分余裕のUSBモバイルバッテリーをコレクションしている筆者だが、最近は、ウケ狙いジョーク戦略系と機能&デザイン戦略系のUSBモバイルバッテリーを衝動買いすることが多い

 こういう時期には、①低価格、単純機能のUSBモバイルバッテリーと、②高機能、高品質でデザインコンシャス、プラスαの差別化を進める商品、③低価格のコスパを推進しながらジョーク系の商品。そしてもう一つの方向性を追求する商品が本日ご紹介する、④まったく別の機能を提供する既存製品とのハイブリッド商品だ。

 格好良く言えばハイブリッド商品、ベタに言うなら「機能折衷商品」の代表は、冬にありがたいカイロ(ハンドウォーマー)や、停電などの時に役立つ懐中電灯にもなるモバイルバッテリー電源を基盤としたハイブリッド商品だ。

 今回ご紹介する「メモバッQiリー」は、登場して10年くらいになるブギーボードが市場を牽引してきた「電子メモ」機能と「Qi対応のUSBモバイルバッテリー」機能のハイブリッド商品だ。商品名の「メモバッQiリー(メモバッチリー)」はその両者の特徴性をくっつけた関西風なネーミングだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン