このページの本文へ

新職業「弓奏士」の発表も! ブレイドアンドソウル「ジャパンチャンピオンシップ2019」レポート

2019年08月14日 13時00分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

激戦を制したのはNoonsangFanClub

 4試合を終えての最終的なポイントは上記のとおり。安定した強さを見せたNoonsangFanClubが1位。前半ポイントを稼いだMySugarDadyと後半追い上げを見せたCatenaの2位争いは、わずか4ポイント差でMySugarDadyに軍配が上がった。

 1位~4位のチームには賞金が、加えて1位にはRazerのゲーミングマウス「DeathAdder Elite」が副賞として贈られた。また優勝・準優勝のNoonsangFanClubとMySugarDadyは韓国で開催予定のワールドチャンピオンシップへの参加権を手にしたこととなる。

1位:NoonsangFanClub
2位:MySugarDady
3位:Catena
4位:Sleepingforest
集合写真

 なお、本大会の全試合の様子は、以下の生放送アーカイブで閲覧できるので、気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ