このページの本文へ

10月下旬より順次出荷開始

エレコム、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載NAS全20製品を発表

2019年08月20日 13時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エレコム法人向けWindows NAS製品ページ

 エレコムは8月20日、「Windows Server IoT 2019 for Storage」を搭載した法人向けNAS全20型番を10月下旬より順次出荷すると発表した。

 Windows Server IoT 2019 for StorageはWindows Server 2019よりNAS用に機能を絞り込んだ組み込みシステム向けOSの最新版にあたる。2ベイタイプと4ベイタイプそれぞれにWorkgroup版とStandard版が5型番ずつ、計20型番が用意される。

 新製品のWindows Server IoT 2019 for Storage搭載NASは、同社が従来から無償で提供しているクラウド型NAS状態管理サービス「NASみる」も対応するとしている。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース