このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第149回

ハイブリッド10倍ズーム搭載! 「OPPO Reno 10x Zoom」速攻レビュー

2019年07月03日 14時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年に日本市場に参入し、カメラがスライドして出てくる「Find X」や、日本向けとしては初のディスプレー指紋認証を搭載した「R17 Neo」など、注目モデルを続々とリリースしたOPPO。2019年に入ってからは日本市場には新モデルを投入していませんでした。そして、7月3日に満を持して発表したのが「OPPO Reno 10x Zoom」です。

 OPPO Reno 10x Zoomは、その名の通り、10倍ズーム機能を搭載したハイエンドモデルです。正確には光学5倍で、ハイブリッドで10倍。ファーウェイが今夏発売予定の「HUAWEI P30 Pro」の好敵手とでも呼ぶべきモデルです。7月12日発売予定で、価格は9万9800円(税別)。発売に先駆けて実機を試す機会を得たので、いち早く使ってみました。

巨大ディスプレーはノッチレスデザイン

 OPPO Reno 10x Zoom(以下、Reno 10x Zoom)は、6.65型の大画面ディスプレーを搭載しています。パネルは有機ELで、解像度は2340×1080ドット。インカメラは普段は隠れていて、使うときだけに出てくる仕組み。そのため、ディスプレー上部のベゼルが細く、ノッチもありません。その結果、93.1%という高い画面占有率を実現しています。

6.65型の有機ELディスプレーを搭載。第6世代のゴリラガラスで強度も向上させている

 画面の発色もよく、視認性も上々。小さい文字までくっきりと見えます。写真や動画を見たり、ゲームを楽しんだりするには、申し分のないディスプレーですが、視野角が広めなので、通勤電車の中など近くに人がいる状況では、ちょっと気になっちゃうかもしれません。

撮影した写真などを美しく表示できる

 カラバリは、オーシャングリーンとジェットブラックの2色。OPPOのスマホは、従来からデザインで目を引くものが多いのですが、今回もひと目で 「おっ、いいね!」と思えるようなリッチな仕上りです。美しい光沢を放つ背面パネルの中心にトリプルカメラを配置し、シンメトリーのデザインを採用しています。

筆者が借りたのはオーシャングリーン。背面パネルには第5世代のゴリラガラスを使用し、エッジには3Dカーブが施されている。トリプルカメラの左にある小さな突起は、卓上などに置いた場合に隙間を作り、キズの付着を防げる
シンメトリーのデザインを生かすケースも付属

 サイズは約77.2×162×9.3mmで、重さは約215g。手にするとかなり幅太で、ずっしりとした手応えも感じられます。現在購入できるスマホの中では “特大級” と呼んで差し支えないでしょう。

5.8型のiPhone XS(左)と比べた。Reno 10x Zoomの画面の広さが一目瞭然部下の女性に持たせたところ、片手での操作は難しそうだった
「ありがとう」と入力しようとしたが、濁点キーに指が届かなかった電源ボタンは右サイドに搭載
左サイドに音量ボタン底部にUSBポート(Type-C)とSIMスロット
SIMスロットには両面それぞれにnano SIMをセットでき、1枚はmicroSDカード(最大256GB)との排他利用になっている

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン