このページの本文へ

ダウンロード配信はなくならない:

アップルiTunes終了にまつわる誤解

2019年06月05日 14時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルはダウンロード配信を辞めない

 次期macOSとなる「macOS Catalina」において、iTunesが搭載されなくなることについて、世間では驚きをもって受け止められたようだ。

 「ダウンロードサービスによって、音楽の世界を変えたアップルがiTunesを辞める。音楽ダウンロードサービスの終焉であり、ストリーミング配信への本格的な転換期だ」と煽るメディアが相次いだ。

 筆者のところにも、アメリカ西海岸時間24時半ごろに「アップルがダウンロード配信を辞めることでの、音楽業界に与える影響を教えて欲しい」と某新聞の記者からコメント依頼の電話があったほどだ。

 しかし、待って欲しい。

 アップルは「iTunesを搭載しない」と言っただけであり、「ダウンロード配信を辞める」とは一言も言ってない。

 事実、iTunesを搭載しない代わりに「Apple Music」「Apple TV+」「ポッドキャスト」という3つのアプリに、これまで搭載していたiTunesの機能を分散させる予定だ。

 Apple Musicアプリには、これまでユーザーが貯めてきた音楽データが引き継がれるし、聴き放題のストリーミングサービスだけでなく、1曲ずつ購入できるダウンロード販売も、このアプリ内で利用できるようになる。

 実際、アップルのプレスリリースにも「音楽を手元に置いておきたい人は、クリック1つでiTunes Music Storeを開いて音楽を購入できます」と書いてある。

 また、iTunesでは、iPhoneを接続することでデータのバックアップを取れたりしていたが、こちらはMacにiPhoneを接続した際に「Finder」アプリが立ち上がり、データのバックアップなどを行なえるようになる。

いまだに年間250億円の売り上げを誇る市場がある

 確かに、アメリカ市場では、SpotifyやAmazon Music、Pandra、YouTube Musicなどのストリーミングサービスが一般的になっており、ダウンロード配信は低迷気味だ。

 しかし、日本の音楽市場を見ると、これが意外にもダウンロード配信が善戦している。

 一般社団法人日本レコード協会の調べでは、2018年の売り上げがストリーミング配信が348億円なのに対し、ダウンロード配信は256億円となっている。その前年、2017年はストリーミング配信が263億円で、ダウンロード配信は270億円だ。つまり、日本市場では2年前までダウンロード配信の方が売り上げが大きく、昨年、ようやく逆転したに過ぎないのだ。

 日本でもApple Musicを筆頭にAmazon MusicやGoogle Play Music、LINE Music、AWAなどのストリーミング配信サービスが花盛りだ。ここ最近の利用状況を考えれば、日本でもストリーミングが主力になるのは間違いない。しかし、いまだに年間、250億円の売り上げを誇る市場があるにも関わらず、アップルがダウンロードサービスから撤退するなんて経営判断をするわけがない。

一般メディアが騒ぐほどのことではない

 しかも、アーティストのなかには「ダウンロード販売はOKだが、ストリーミング配信に流すのはNG」という人も多い。ダウンロード販売をやめてしまえば、そうしたアーティストの販路も断ってしまうわけで、誰も得しない状況になってしまう。

 そもそも、iPhoneが登場した当初は、Macに繋いでバックアップを取り、ソフトウェアアップデートをかけるなどすることが多かったが、最近では、すべてiCloudにおまかせでバックアップを取り、ソフトウェアアップデートも無線経由でやっている人がほとんどではないか。筆者もここ何年、iTunesにiPhoneを繋いだ記憶がないほどだ。

 もちろん、ストリーミングサービスのApple Musicには出てこないアーティストの楽曲の購入もMacのiTunesではなく、iPhoneのiTunes Storeを使って入手している。

 Mac用のiTunesがなくなることは、一般メディアが騒ぐほどのことでもなく、macOS Catalinaが公開されれば、すんなりと受け入れられるのではないだろうか。


筆者紹介――石川 温(いしかわ つつむ)

 スマホ/ケータイジャーナリスト。「日経TRENDY」の編集記者を経て、2003年にジャーナリストとして独立。ケータイ業界の動向を報じる記事を雑誌、ウェブなどに発表。『仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術』(朝日新聞)など、著書多数。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中