このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第24回

MSI、コンシューマー機ゲーマー向けの湾曲4K液晶「Optix MAG321CURV」など展示

2019年05月30日 14時30分更新

文● ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2019のMSIブースでは、31.5インチの湾曲4K液晶「Optix MAG321CURV」など、ディスプレー関連の新製品が展示されていた。

コンシューマー機で遊ぶゲーマー向け? 「Optix MAG321CURV」

「Optix MAG321CURV」

 「Optix MAG321CURV」は、4K解像度(3840×2160ドット)の湾曲ゲーミングディスプレー。液晶の曲率は1500R(半径1500mmの円に近似する曲線)で、HDR表示にも対応する。曲率が高いため複数人での画面視聴は難しいものの、そのぶん没入感は高くなると言える。本体背面にはRGB LEDを搭載しており、「Mystic Light」により発光カラーやパターンを変更可能だ。

本体背面

 リフレッシュレートは60Hzで、PC向けのゲーミングディスプレーとしてはややパンチが弱い数字に感じる人も多いだろう。しかし国内の担当者によれば、この製品は「コンシューマーゲームで遊ぶユーザー向けに投入したい」とのこと。PlayStation 4 Proなどの一部最新ハードは4K HDRに対応しているものの、60fpsを超える表示はできないため、確かにこのディスプレーにマッチする。湾曲ディスプレーで国内2位のシェアを誇るMSIとしては、コンシューマーハードでもリッチなゲーム環境を構築したいゲーマー層の掘り起こしを行う足がかりとして、この「Optix MAG321CURV」をリリースしようというわけだ。

 価格はおおよそ6万円台で、国内では近日中には登場する見込み。なお、展示サンプルはなかったものの、パネルサイズを24インチに落としたモデルも国内投入する可能性があるようだ。

国内にも投入されるフラットパネル採用ディスプレー「Optix MAG271R」

「Optix MAG271R」

 「Optix MAG271R」は、解像度フルHD(1920×1080ドット)、リフレッシュレート165Hz対応の27インチディスプレーだ。液晶はVAの平面パネルで、応答速度は1ms前後。今のところ、国内のMSI製ゲーミングディスプレーのラインアップは湾曲パネル採用モデルのみだが、本製品は近日中にリリースされるとのこと。価格は1万円~2万円台となる見込み。

開発中製品やコンセプトモデルも

 そのほか、ブースには開発中製品やコンセプトモデルも展示されていた。

34インチのクリエイター向け液晶「Prestige PS341WU」。画面解像度は5120×2160ドットと、4Kをさらに横に広げているのが特徴で、同じくクリエイター向けのハイエンドPC「Prestige P100」とあわせての使用を想定しているとのこと。投入時期は未定
アスペクト比32:9の49インチ湾曲ワイドディスプレー「Optix MAG491CQ」。現在のところ、販売の予定はないとか
解像度3440×1440ドットの34インチ湾曲UWQHDディスプレー「Optix MPG341CQR」。144Hzのハイリフレッシュレート表示が可能なほか、HDR(Display HDR 400)にも対応。国内での投入時期は決まっていないようだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中