このページの本文へ

仕事に差がつく!阿久津良和「Office 365のスゴ技」 ― 第65回

フラグの付いたメールを自動でタスク登録

「Microsoft To-Do」がOutlookの「フラグ」に対応

2019年04月16日 11時30分更新

文● 阿久津良和 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、マイクロソフトのSaaS型デスクトップ&Webアプリケーション「Office 365」について、仕事の生産性を高める便利機能や新機能、チームコラボレーションを促進する使い方などのTipsを紹介する。

 Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。今回はUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリの「Microsoft To-Do」に注目する。

Microsoft To-Doがメールのフラグに対応

 本連載では何度か取り上げてきたMicrosoft To-Doだが、米国時間2019年3月13日の更新で、わずかながらも大きく利便性を改善する機能が加わった。それがメールのフラグとの連携である。

1.Microsoft To-Doを起動すると、フラグが付与したメールを加えるか確認をうながされる。後から「設定」で有無を切り替えることも可能だ

 Outlookで送受信したメールには、期限を含むフラグを付与できる。だが、モバイル版のOutlookやUWPアプリの「メール」は、フラグのオン/オフしかできないため、備忘録的な使い方にとどまっていることだろう。ここを逆手に取ったMicrosoftは、Microsoft To-Doでフラグが付与したメールをタスクとしてリストアップする機能を新たに追加した。

2.機能を有効にすると一覧に「フラグを設定したメール」が加わる3.期限を含んだフラグにも対応し、「昨日」「今日」といった項目も並ぶ。現時点では期限によるソート機能は備わっていないため、今後の改良に期待したい

 筆者の環境に限った話かもしれないが、「フラグを設定したメール」にタスクが並ぶまで数分を要したものの、上図で示したようにメールタイトルやフラグの期限が並ぶ。重要度・高などで送られてきたメールは星マークも付与する仕組みだ。

 また、タスクをクリックすると「今日の予定」への追加や通知といったアクションも可能。筆者が便利に感じたのは、メールの内容を合わせて表示させる機能だ。これなら少々重いOutlookをPCで起動させることもなく、外出先ならスマートフォンでアプリを切り替えずともタスクの内容を確認できる。

4.機能を有効にすると一覧に「フラグを設定したメール」が加わる5.期限を含んだフラグにも対応し、「昨日」「今日」といった項目も並ぶ。現時点では期限によるソート機能は備わっていないため、今後の改良に期待したい

 本機能を利用するには、メールアドレスと同じ職場または学校アカウントでMicrosoft To-Doにサインインしなければならず、Microsoftの説明によれば、過去2週間10アイテムに限定されるが、筆者が確認した限りでは15アイテムが「フラグを設定したメール」に並ぶことを確認できた。

 いずれにせよ自身の備忘録としてメールにフラグを付与することで、多忙な業務に追われながらも、行うべきアクションを容易に確認できるのは便利だ。Office 365ユーザーであれば、そろそろ日々のタスク管理をMicrosoft To-Doに任せてみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ