このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース第23回

Netflixの字幕を日本語に翻訳してくれるツール「Mate」

2019年04月14日 08時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Chrome、Firefox、Edge、Operaといったブラウザーから動画を視聴する際に、字幕まで翻訳できるツール「Mate」が登場した。

 ウェブページ上のテキストだけであればGoogle翻訳でも事足りるが、MateはNetflixの字幕までカーソルを合わせて翻訳できる。正に夢のようなツールだ。

 翻訳できるのは103の言語までとなり、使い方は対応するブラウザーに「Mate」を追加して、Netflixの字幕上にマウスのカーソルを合わせる。翻訳したい部分をクリックすると翻訳が表示される。

 翻訳のほかにも発音を聴いたり、目に優しいダークモードも使える。ポップアップウィンドウのサイズや辞書を表示するかどうかについては、設定で変更できる。

 Mateは公式サイトからダウンロードして使える。「Google Chrome」のユーザーであれば、Chromeウェブストアへ推移するリンクがあるので、そこからダウンロードする。

 iOSやAndroid向けにもアプリが提供されているが、スマホアプリ版ではNetflixの字幕は翻訳できない。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン