このページの本文へ

XperiaからWALKMANまで! ソニー好きのソニー製品徹底レビュー第29回

ネックスピーカー「SRS-WS1」とXperiaの組み合わせで楽しむ!

2019年04月03日 10時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 多種多様で魅力的なガジェットをリリースするソニー。そんなソニー製品をXperiaを中心に、ITライターのジャイアン鈴木氏がレビューします。今回はソニーのウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を紹介します。

 「バーイシクル!」……自転車乗っていますか? 暖かくなってきて、でも暑すぎず、春は自転車に絶好の季節。お気に入りの音楽を聴きながら足を回せば、どこまでも走れそうです。でもイヤフォンで耳を完全に塞いで自転車に乗ることは厳禁(都道府県ごとにルールが異なります)。そこで今回ご紹介したいのがウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」です。

ソニー「SRS-WS1」実売価格2万4000円前後
付属品は豊富。スピーカー本体以外に、送信機、充電台、ACアダプター×2、マイクロUSBケーブル×2、光デジタルケーブル、音声ケーブル、専用オーディオケーブルが同梱されています

 本製品は肩に乗せるだけで音楽などを楽しめるウェアラブルネックスピーカー。送信機をテレビやラジオなどに接続すれば、直線見通し約30mの離れた場所でもサウンドを再生できます。元々は大きな音を出しにくい時間帯や環境でも大ボリュームでサウンドを聴いたり、テレビやラジオから離れた場所で家事などをしながらでも快適に聞き取るためのアイテムです。

テレビやラジオを、光デジタルケーブルまたは音声ケーブルで送信機と接続することで、スピーカー本体にワイヤレス(2.4GHz帯)で音を飛ばします
スピーカー本体にはリチウムイオンバッテリーが内蔵。充電時間は約3時間で、連続約7時間使用可能です

 本製品は本来送信機とセットで使う製品ですが、実は「専用オーディオケーブル」を使うことで3.5mmステレオミニジャックを備える製品と接続可能です。もちろんスマートフォンも例外ではありません。

SRS-WS1とXperia XZ2を専用オーディオケーブルで接続してみました。なお、Xperia XZ2は3.5mmステレオミニジャックを装備していないので、USB Type-Cから3.5mmステレオミニジャックに変換するアダプターが必要です

 SRS-WS1とXperia XZ2(もちろんほかのスマホでもOK)の組み合わせによる「自転車音楽体験」は控えめに言ってもサイコーです。首と肩に乗せているだけなので耳穴が痛くなることはないですし、パッシブラジエーターが振動するので大ボリュームでなくても低音の迫力を楽しめます。

 ただし、あまりにも大ボリュームだとやはり周囲の音が聞き取りづらくなりますし(これが一番問題)、同じペースで走っている自転車がいる場合には「音ハラ」となりかねません。「珍音族」的な言葉が世間で定義されないように、節度ある利用を心がけたいものです。

※周囲の音が聞こえないようなボリュームで聴くのは大変危険ですのでやめましょう。
埼玉のサイクリングロードにて

 皆様、スマホ、音楽、自転車はマナーとルールに配慮してお楽しみください。すっかりSRS-WS1がほしくなりましたが、ワタシはBluetooth対応版が発売されたら購入することにいたします!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン