このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「Pro-G オーディオドライバー」採用、DTS HeadPhone:X 2.0対応

ロジクールG新ヘッドセットは50mmドライバーで低音強化、G933sなど4機種登場

2019年02月06日 22時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ロジクールが新製品説明会を開催し、ロジクールGのヘッドセットの新製品を発表した

 ロジクールは2月6日に新製品説明会を開催し、ゲーミングブランド「ロジクールG」のワイヤレスヘッドセット「G933s」、有線ヘッドセット「G633s」「G431」「G331」を発表した。2月26日に発売予定で、価格はG933sが2万1500円(税別、以下同)、G633sが1万7880円、G431が1万1130円、G331が9130円。

ロジクールGのラインアップ

ロジクールGのヘッドセットは、4つの要素を中心に注力

ロジクール マーケティングディレクターの須藤 武彦氏が登壇

 発表会では、ロジクール マーケティングディレクターの須藤 武彦氏が登壇。須藤氏は「ロジクールGのヘッドセットは、既存の製品を常に見直し、製品の向上を目指しています。デザイナーも日々活動しており、改良したデザインに最新の技術を投入することで、よりよい製品を開発していきたいと考えています」と挨拶した。

 また須藤氏はロジクールで重要視している、ヘッドセットのパフォーマンスを左右する要素として、付け心地のためのイヤーパッド、聞き取りやすいクリアなコミュニケーション、軽量で壊れにくいデザイン、ハイパフォーマンスなドライバーと優れたオーディオ忠実度の4つを挙げた。

ロジクールGがヘッドセットで重要視している4つの要素

 今回発表された製品は、とくにハイパフォーマンスなドライバーと優れたオーディオ忠実度に注力。従来シリーズより大きな50mmのドライバーを採用するほか、上位3モデルは「DTS HeadPhone:X 2.0」に対応し、想定された設計通りの音像が再現され、相手の位置を正確に把握できるという。

新たに50mmドライバーを採用するほか、DTS HeadPhone:X 2.0に対応

 そのほかロジクールGの活動として、プロゲーミングチームのスポンサーシップ、KOLサポート、コミュニティー活動を今後も実施していく予定で、それぞれの活動により、ゲーミングでのロジクール製品のよさを伝えていくとのことだ。

ロジクールGの活動

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ