このページの本文へ

発売初週で全世界300万本突破の「BIOHAZARD RE:2」など人気ゲームがもらえるキャンペーン

「BIOHAZARD RE:2」など最新ゲームがRX 590なら快適プレーにできるか検証

2019年02月16日 11時00分更新

文● 石川ひさよし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Radeon RX 590の快適度をチェック!

■BIOHAZARD RE:2

 バイオハザード2がベースとなるが、最新のRE ENGINEを用いたグラフィックで新たに登場した。新規要素もあり、旧タイトルを楽しんだ方にとっても楽しめる。

 画質設定は、とくにプリセットがなく各項目それぞれ選んでいくタイプだ。フルHD前提であれば、それぞれの項目を選択可能なもっとも高画質な設定とした上で、テクスチャ品質を選んでいくのがよいだろう。調べたところ、テクスチャ品質はグラフィックスメモリ量に大きく影響する。Radeon RX 590のグラフィックスメモリは8GB。そのままではテクスチャ品質は「高(8GB)」あたりで8GBギリギリに達する。メモリ容量がギリギリになると、「使用グラフィックスメモリ」の文字が赤く表示される。つまり警告であり、通常であればメモリを溢れたデータによってパフォーマンスが大きく低下するはずだが、これはあくまで目安のようで、試した限りでは「高(8GB)」という、とっくにメモリ容量を溢れるはずの設定でも十分なフレームレートが出ていた。

 テクスチャ品質「高(8GB)」、そのほかすべてのオプションを最大まで引き上げた状態でのフレームレートは88.567fps。最小fpsも計測シーンでは76fpsだった。多数のゾンビが出てくるシーンでも60fpsを割り込む様子はなく、最高画質で十分快適にプレイできそうな感触だ。

テクスチャ品質「高(8GB)」、そのほか最大時のフレームレート。70fpsを割り込んだり120fpsを超えたりと変動は大きめ

■Devil May Cry 5

 発売前のタイトルなので、旧作であるDevil May Cry 4および、推奨環境はやや上だが、同社のタイトルであるMONSTER HUNTER: WORLDで検証した。

 旧作Devil May Cry 4は2008年にリリースされており、その後2015年に同Special Editionがリリースされて、それがもっとも新しいのでまずテストしてみた。ゲームエンジンはDevil May Cry 5がRE ENGINE、Devil May Cry 4はMT Frameworkなので異なる。また、さすがに古いタイトルなのでフルHDであれば最高画質設定でもシーン1〜4の平均が187.58fpsとなる。まあ、さすがにこれは参考にならないかもしれない。

画質設定を最高に引き上げた状態のフレームレート

 そこでMONSTER HUNTER: WORLDでも計測した。これもMT Framework採用タイトルだが、最新タイトルだけあってやや重い。解像度はフルHDとし、画質に関してはプリセットがあるのでまずは「最高」としてみたところ、平均フレームレートは58.750fpsだった。ほぼ60fpsなので問題ないが、戦闘シーンなどではやや低下がある。30fpsを割り込むことはなかったが、ハデなアクションがウリのタイトルだけに「常時」60fpsを求める方も多いだろう。「高」プリセットを選べば、74.083fpsと余裕を持たせることができた。

「最高」プリセットでのフレームレート
一つ落とした「高」プリセットのフレームレート

 Devil May Cry 5はまだリリースされていないため予想するほかないが、推奨環境ではDevil May Cry 5よりもMONSTER HUNTER: WORLDのほうが重い。そこから予想すれば、Devil May Cry 5はもう少し軽量ではないだろうか。重いMONSTER HUNTER: WORLDで大丈夫ならばDevil May Cry 5は問題なく最高画質が狙えそうではある。おそらく、同じRE ENGINEを採用するBIOHAZARD RE:2に近いものになるのではないだろうか。

■Tom Clancy's The Division 2

 こちらも発売前のタイトルなので、旧作のTom Clancy's The Division、推奨環境の近いTom Clancy's Ghost Recon Wildlandsで検証した。

 Tom Clancy's The Division 2のゲームエンジンは、旧作Tom Clancy's The Divisionと同様に「Snowdrop」。そのため、傾向自体は似ていると思われる。フルHDでは、もっとも高画質の「ウルトラ」プリセットであっても67.3fpsとまずまずのフレームレート、一つ引き下げた「高」プリセットならば余裕のある91.4fpsが得られた。

「高」プリセットでのフレームレート
「ウルトラ」プリセットでのフレームレート

 一方、Tom Clancy's Ghost Recon Wildlandsはエンジンが「AnvilNext 2.0」なので異なるが、推奨環境はTom Clancy's The Division 2と近い。フルHDでは、「高」プリセットで74.61fps、「非常に高い」で63.68fps、もっとも高画質な「ウルトラ」で40.97fps。ウルトラに関しては、特別なプリセットなのであまり参考にならないかもしれない。しかし「非常に高い」「高」プリセットで60fpsを満たしている。

「高」プリセットでのフレームレート
「非常に高い」プリセットでのフレームレート
「ウルトラ」プリセットでのフレームレート

 問題はTom Clancy's The Division 2がどのくらい重くなるのかだが、推奨環境が近いTom Clancy's Ghost Recon Wildlands、同じエンジンのTom Clancy's The Divisionとも、「高」プリセットで十分なフレームレートが出ていることから、おそらく「高」プリセットが望めそうだ。