このページの本文へ

Echo Showを使って気付いたこと

Amazon Echoがディスプレー端末化、その相互作用が興味深い

2018年12月25日 21時30分更新

文● 小山安博 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

設定変更など画面があれば音声アシスタントも便利に

 Echo Showでは、タブレットのように上からスワイプすると設定領域が表示される。ホーム画面に戻る、アラーム、照明など、定型アクション、明るさ、おやすみモードというアイコンが並び、さらに詳細な設定画面にアクセスできるアイコンも用意される。

上部から表示される設定領域。タブレット的なUIだ

 アラームを選ぶと、すでに設定されたアラームの確認、新規作成ができる。音声を使わずに作成することも可能。「照明など」は、いわゆるスマートホームの項目で、宅内に対応端末があればここからコントロールできる。これもタッチ操作で操作可能だ。

「照明など」はスマートホームにアクセスできる。HueやZigBee対応家電などをコントロールできる

その他の設定画面

 定型アクションは、既存のアクションを表示し、タッチするとそのアクションが実行される。作成、管理はスマートフォンのAlexaアプリが必要だ。設定からは、Bluetooth、無線LAN、ホーム画面の設定などが可能。この辺はタブレットの操作感と変わらない。

 基本的には、音声アシスタントのAlexaを使ったスマートスピーカーではある。Alexaに呼びかけ、Alexaが答えるという基本動作は変わらない。ディスプレーに対応した機能でないと、画面があっても特に何も表示されない。

 例えばスキルのYahoo!ニュースは、音声が再生されるだけでテキストも表示されない。逆にYahoo!路線は、路線情報をグラフィカルに表示してくれて、一目見ただけで遅延などの情報が分かる。

グラフィカルで分かりやすいのは天気予報。朝の忙しい時間にAlexaが話し終わるのを待たなくても一目で分かっていい

 個人的に便利に感じたのはクックパッドのレシピ検索。今までのスマートスピーカーだと音声で聞くだけだったのが、画面上にテキストで表示されるので、レシピの確認がしやすい。

繰り返し見返したくなるレシピなどは、やはり画面があった方が便利

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中