このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー ― 第16回

最新人型ロボ「アトラス」新動画に騒然/グーグルの自動運転がスゴいワケ

2018年10月22日 11時58分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。

「女子大卒は減点」アマゾンのAI採用、男性優遇判明で廃止に

人工知能(AI)アルゴリズムの訓練に使われたデータが、男性の就職希望者を優遇する傾向を生んだ。

≫ 続きはこちら

英国議会、ソフトバンクの「ペッパー」を証人喚問へ

英国議会の特別委員会が、議会の公聴会にロボットを証人として呼び出し、人工知能(AI)とロボット工学について証言するよう求めている。

≫ 続きはこちら

進行性乳がんを99%検出、グーグルのAIツールが「病理医超え」

グーグルの深層学習ツールは、99%の精度で転移性がんを検知することが可能だ。これは人間の病理医の診断精度を大きく上回る。

≫ 続きはこちら

またもや驚くべき運動能力を身につけたボストン・ダイナミクス

ボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)が開発した最先端の人型ロボット「アトラス(Atlas)」 が、 丸太を飛び越えたり、階段を跳ね上がったりとパルクールをこなしている。この姿を、私たちはどう捉えたら良いのだろうか。まずは、最先端型アトラスの全映像を見てほしい。

≫ 続きはこちら

半導体強化へ動く中国、ファーウェイもAIチップ製造へ

中国の大手通信機器メーカーであるファーウェイ(Huawei)が、人工知能(AI)向けに最適化した2種類のチップを発表した。マイクロプロセッサーの外国依存脱却を目指す中国にとって、国内のテック業界とAIの野望が大きな転換点を迎えたことを象徴する出来事だ。

≫ 続きはこちら

AIには「常識」が足りない DARPA新コンペの狙い

人工知能(AI)の強力な手法である深層学習を使ったシステムでも、未だに愚かな誤りを繰り返している。その大きな理由の1つが、「一般常識の欠落」だ。米国防高等研究計画局(DARPA)は、AIの重大欠陥を改善すべく、新たなコンペを実施することを発表した。

≫ 続きはこちら

走行距離でメーカーを圧倒、 グーグルの自律自動車は バーチャルでも最強だった

グーグルの兄弟会社であるウェイモが、公道における自律自動車の走行距離で世界最長となる1000万マイル(1610万キロ)を達成した。現実世界では難しい過酷な環境下での試験を重ねるため、ウェイモの自律自動車はバーチャル環境でも膨大な距離を走り続けている。

≫ 続きはこちら

風力発電に思わぬ副作用、短期的には温暖化を促進か?

ハーバード大学の研究者らが、大量の風力発電所を米国内に建設すると、短期的には、気候温暖化を促進する可能性があることを発表した。科学者や政策立案者たちは風力発電の副作用を真剣に受け止め、クリーンエネルギーへの移行における風力の役割を慎重に考えていく必要があるという。

≫ 続きはこちら

MITテクノロジーレビューからのお知らせ

いよいよ事業化へ動き出した自動運転による「移動手段の進化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか? MITテクノロジーレビューは、自動運転を「テクノロジー」「都市生活」「法制度」の観点から多面的に捉え、自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考えるイベントを11月30日に開催します。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ