このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第49回

Quanta Computerが受注:

アップル 安価なMacBookを9月以降に発売か

2018年08月14日 19時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2015年に発売されたMacBook Air

 アップルが価格の安い新しいノートパソコンの製造を、台湾のパソコンメーカーQuanta Computerに発注した。台湾メディアDigitimesが8月13日に報じた。

 Digitimesによると同社の調査部門Digitimes Researchの調査から、台湾のCompal ElectronicsがノートブックODMとしてQuanta Computerを追い抜いたと発表。

 しかし、Quanta Computerはアップルの新しいノートパソコンを受注しており、第4四半期の製造台数は1000万台を超えると予想。このため競争はさらに厳しくなる見通しだと伝えている。

 この安価なノートパソコンが、「13インチMacBook」なのか「MacBook Airの後継機種」なのかは今のところわかっていない。報道のとおりなら発売は9月以降になる。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中