このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第6回

安価なスマホを出すなど打開策が必要だ:

ソニー1人負け スマホ業界の明暗 決算でくっきり

2018年08月06日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファーウェイに押されるサムスン

 モバイル事業の営業利益は昨年同期比で34%も落ち込んでいる。サムスン電子ではフラグシップモデルであるGalaxy S9が販売目標に届かず、販促費もかさんだことが要因と説明しているという。

  実際、製品においては、Galaxy S9はGalaxy S8のマイナーアップデート的な位置づけでインパクトに欠けたという点が敗因だろう。

 そんな中、8月9日にはGalaxy Note9の発表を控えており、8月中にもグローバルで発売されると噂されている。サムスン電子としてはなんとか9月に発表される新型iPhoneの前に発売にこぎつけ、シェア拡大につなげたいはずだ。

 Galaxy Note9が市場でどう評価されるのかが、サムスン電子の今後を占うことになりそうだ。

 悲喜こもごものグローバルメーカーたちであるが、もはや「一人負け」の雰囲気が漂っているのがソニーだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン