前へ 1 2 3 4 5 次へ

Samsungが新規格のNF1対応SSDなどを披露

文●ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本サムスンが、SSDの関連技術や導入事例を紹介する「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」を都内で開催。富士通、楽天、プロゲーミングチームDeToNatorなどの代表者が登壇し、SSDの導入事例を解説した。

日本サムスンが「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」を開催

日本サムスンのChangsu Lee氏(写真左)と、代表取締役の金子根千氏(写真右)。新しい未来を作る製品の進化に、サムスンはデバイスの進化で対応していき、パートナー企業とともにイノベーションを起こしていくと金子氏がコメント

QLCのNANDフラッシュと
NF1規格のSSDを市場に投入予定

サムスン電子メモリー事業部のChanik Park氏

 サムスンは、今後のロードマップや今後の展望などを発表した。QLC(Quad-Level Cell)を搭載したモデルと、データセンター向けの新しいSSD規格「NF1(Next Generation Small Form Factor)」対応の製品を順次市場に投入していくと、Chanik Park氏は語った。

今後は90層以上のV-NANDを展開していく予定。NANDフラッシュもQLCを投入する

1Tb(テラビット)のQLC NANDを32段積層。QLCはビデオストリーミングやソーシャルメディアへの投稿に向いている

40PBのストレージを導入する場合、QLCのSSDならば1万回転のHDDと比べて総保有コストが66%下がる

クライアント向けは1TB以上、サーバー向けは100TBに向けてQLCを導入する

新しいSSD規格となるNF1。M.2の幅を広げてNANDフラッシュを多く実装できるようにしている。M.2と比べて容量が4倍アップ

NF1対応SSD「PM983」の実物を会場で展示

次世代の外付けストレージであるUFSメモリーカードを2018年に発売する(日本での発売時期は未定)。転送速度がmicroSDカードより2倍以上早い

UFSメモリーカードの実物展示。microSDカードとほぼ同じ大きさだが、端子の形状が違うのでmicroSDカードとの互換性はない

1.1GBの動画ファイルのコピー時間。左がmicroSD、右がUFS

小さな画像ファイル1000個のコピー時間。UFSは約4倍早く処理が終了している

Photoshopでの画像ロード時間

PUBGのロード時間

UFSとmicroSD両対応のUSBカードリーダー。両方のカードの端子を実装している

前へ 1 2 3 4 5 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月