Samsungが新規格のNF1対応SSDなどを披露

文●ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SSDは省スペース、省電力、低故障率がメリット
富士通の講演

富士通プラットフォームビジネス本部の館野巌氏

 サーバー事業は、処理高速化のニーズが高まり、オールフラッシュストレージ(つまりSSD)での解決が必須となっている。SSDは省スペース、省電力、低故障率がメリット。SSDは高価と思っている人が多いが、実はHDDをSSDに変えることで、イニシャルコストを抑制できるという。

20TB分のストレージを導入する場合、HDD構成よりSSD構成のほうがコストを30%削減できる

ランニングコストにおいても、SSDはHDDと比べて電気料金と発熱量が5分の1、ラック専有スペースが7分の1に減ると説明

富士通では、高い信頼性が要求されるメインフレーム製品にもサムスン製SSDを搭載しているという。高度な知識を有するサポートチームの支援に加え、高性能/高信頼を具現するのがサムスン製SSDであるとする

オールフラッシュアレイの実機を会場で展示していた

SSDの選定で重要なのはコントローラーとファームウェア
楽天の講演

楽天技術部門CTOオフィスの緒方弘幸氏

 楽天の緒方氏は、SSDの選定方法をレクチャー。冒頭でSSDはライフサイクル3~5年の消耗品であることを強調した。楽天では、SSDが故障してもメーカー修理に出さず、そのSSDを破壊して新しいSSDと交換するのだという。SSDは高価だと思っている人が多いが、そうではないという認識がまず必要だ。

SSDは消耗品。楽天ではサーバー向けではないSSDを採用しており、壊れたら修理に出さずに破壊するそうだ

 SSDは特定のメーカー製だから信頼できるというわけではない。コントローラーとファームウェアが変われば、同じメーカーのSSDでもまったく違うものだと説明。

 SSDはコントローラーとNANDの組み合わせでパフォーマンスが決まる。ガベージコレクションとキャッシュがどういった影響を及ぼすかは、ファームウェアに影響される。したがってファームウェアの違いによって同じSSDでも挙動が変わると語った。

 採用するSSDを選定するうえで、SSDの一定領域を余剰領域として確保する「オーバープロビジョニング」をユーザー側で設定できるかどうかも、楽天では評価の対象となるそうだ。なかにはユーザーが設定したとたんに保証が効かなくなるメーカーもあるのだという。

オーバープロビジョニングをユーザーがいじると保証の対象外になることが多い(サムスンは保証する)

 SSDはメモリーチャンネルが大きければ大きいほどいい。つまり一番容量の大きいモデルが一番性能がいい。逆に言うと一番容量の小さいモデルが一番性能が悪い。HDDとは逆なので、SSDは小さな容量を選ぶほど注意が必要だという。したがって、システムを運用するうえで最悪の状況を想定する場合は、一番小さな容量のSSDで検証する必要がある。

SSDの性能が出ない状態で、最悪の状況を想定しなければならない

 そして、SSDは設置する場所についても注意を払う必要がある。SSDは高温になると性能が低下するサーマルスロットリングという現象があるため、発熱源が近くにあると、その性能を発揮できないことがある。サーバーのどの位置にSSDがあるかによってパフォーマンスが変わるため、SSDの導入はサーバーやシャーシとセットで考える必要があるとのこと。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月