前へ 1 2 3 4 次へ

「Samsung SSD Forum 2019 Tokyo」レポート

SamsungがPCIe Gen4 SSDを披露、Gen5 SSDにも言及

文●ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Samsung SSD forum 2019 Tokyo

 日本サムスンが、SSDの関連技術や導入事例を紹介する「Samsung SSD forum 2019 Tokyo」を11月19日に都内で開催。KDDI、関西テレビ放送、日立製作所などの代表者がSSD導入のメリットを説明した。

日本サムスン マーケティングチーム チーム長のイ・ギュウォン氏が「SSDの技術を通じて日本のIT業界の発展に貢献し続けたい」と開会の挨拶

PCIe Gen5対応のSSDを開発中
Samsungの講演

 Samsungは、現在のSSDの動向と今後の展望、そして製品ロードマップを解説した。そこで、市場のニーズに応えるためには現在128層のV-NANDを、5年以内に500層にしなければならないと語った。

Samsung Electronics Memory事業部 商品企画チーム専務のハン・ジンマン氏

 直近では、5G通信端末に搭載するSSDや自動車用SSDなど、PC以外でのSSDの需要が高まること、それらのNANDを供給するための新工場を建設中なことを紹介した。また、市場が求める大容量化に応えるために、Z-SSDの16TBモデルを開発中なことも明かされた。会場にはPCIe Gen4対応の「PM1733」と、Z-SSDの「SZ1735」が展示され、そのパフォーマンスを確認することもできた。

128層の第6世代V-NANDを2020年に市場投入する

SamsungのPCIe Gen4 SSD。U.2フォームファクターの「PM1733」と、HHHLフォームファクターの「PM1735」をラインナップ

PCIe Gen4 SSDの「PM1733」は、開発コードRomeことAMDのサーバー向けプロセッサー第2世代EPYCで動作確認済みとのこと

ゲーミングPCだけでなくコンソールゲーム機にもSSDを採用する時代が来た

ノートPC向けに22×30mmの小型M.2 SSDを開発。DRAMを非搭載にすることで小型化を実現した

PCIe Gen4対応SSDが出たばかりだが、すでにPCIe Gen5対応のSSDの開発を進めているという

CPUの仕事をSSD側で処理する「スマートSSD」や、SSD単体でネットに接続できる「イーサネットSSD」などを開発中とのこと

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月