このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第106回

自撮りからインスタ映えまで! 従来機よりも格段に進化したZenFone 5のカメラ

2018年07月01日 12時00分更新

文● 林 佑樹 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前編に続いて、ZenFone 5レビューの後編はカメラを見ていく。すっかりお約束になりつつあるデュアルレンズ仕様になっている。写真の味付け傾向はZenFone 4からあまり変化していないが、AIによるシーン識別を強くアピールしており、その識別精度も良好だ。AIベースの識別については、ファーウェイが1歩先を行っているのだが、後発としては十分にがんばっているものだ。店頭などでテキトーに人に向けてみると、それがよくわかるだろう。

ミドルクラスでもお約束になりつつあるデュアルレンズ仕様

 アウトカメラから見ていこう。メインカメラと広角カメラがあり、メインカメラは1200万画素でF1.8、センサーサイズは1/2.55。イメージセンサーはソニー製のIMX363。広角カメラは800万画素で120度、F2.2。メインカメラの画角をはじめ、それ以外の諸元については公開されていない。

 AIシーン分析機能は16シーンに対応しており、認識すると画面上にアイコンが表示される。人物、フード、ドッグ、キャット、サンセット、スカイ、フィールド、オーシャン、フラワー、グリーン、スノー、ナイト、ステージ、テキスト、QRコード、トライポッドとなっており、それぞれ自動的に撮影設定が決定される。人物やフード、ドッグ、キャット、スカイなどの誤認しにくいものは判定は早い。トライポッドは三脚用セッティングだが、実際に三脚にマウントしてもとくに表示される気配がなかった。

 また、サードパーティー製アプリを起動しなくてもQRコードを読めるのは地味に便利だ。

メインカメラ/広角カメラの文字の下にアイコンが表示される。食べ物のイラストではフードモードにならないなど、ちゃんと識別をしている

 効果的で分かりやすいのは、風景や人物。フードに関しては、屋内ではそこそこであり、Proモードで自分で設定したほうがいい場面が多くあった。とくにもっとも頻度が高いであろう屋内であれこれ試したが、イイ感じのショットになることがなかったので、自然光下前提なのかもしれない。幸い、Proモードは設定豊富でいじりやすいので、ご飯写真のときだけProモードはアリだ。

 ProモードはUIがとてもよくなった。操作しやすく、水準器も扱いやすくなっており、各パラメーターにAutoモードがあるため、任意の項目だけ設定して使用するのがラクでいい。また、シャッター速度は最大32秒と遊べる余力もアリ。

水準器はProモードのみなのだが、Autoモード時にも表示できると便利そうである

※以下の作例はすべて原寸で掲載しています。データ通信量にご注意ください。

シャッター速度32秒で遊んでみたもの。意外とイケる。RAWでの保存にも対応するので、センサーの限界に挑んでみるのもいいだろう
左がメインカメラ、右が広角カメラ。ZenFone 4と比べると広角カメラの画質向上がわかりやすい
派手な味付けはない傾向だが、描写自体は良好。Instagram用に加工する前提であれば、とても扱いやすい
HDRを使用した場合のもの
AIシーン分析でグリーンとなった
18:9での撮影にも対応している
スローシャッターで遊べるのは、何かと可能性を秘める
メインカメラのOISは良好。片手ツマミ持ちでもOKだった
メインカメラの接写テスト。わりと寄れない
広角カメラの場合。メインカメラと同じ部分にフォーカスを合わせたが、こちらはパンフォーカス前提な認識でいいだろう
写真程度の暗さであれば十分に写る
ご飯写真はフードモードになりにくいため、そのままだと美味しく見えるように撮れることがなかった
フードモードになったデータ。パリピな感じで彩度マシマシ! ではないあたりに好感が持てる

 インカメラにはお約束の美肌機能に加えて、ファンデもある。美肌のアルゴリズムはZenFone 4からほとんど変更されていないようだが、ファンデはデフォルトである5でもマットになった感が強く、リアルタイムプレビューも良好なので、自撮り用としての性能は相変わらず高い。各パラメーターを3基準にして、自分の肌と好みを探っていくといいだろう。

初期設定での自撮り。マットな具合がけっこうイイ
セルフタイマーはシャッターボタンをドラッグで実行可能な操作が便利
  ZenFone 5 ZenFone 5Z(参考) ZenFone 5Q(参考)
メーカー ASUS
価格(税抜) 5万2800円 6万9800円 3万9800円
ディスプレー 6.2型Super IPS+液晶(19:9) 6型IPS液晶(18:9)
画面解像度 1080×2246ドット 1080×2160ドット
サイズ 約75.6×153×7.7mm 約76×160.5
×7.7mm
重量 約165g 約168g
CPU Snapdragon 636
1.8GHz(オクタコア)
Snapdragon 845
2.8GHz(オクタコア)
Snapdragon 630
2.2Hz(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB 4GB
内蔵ストレージ 64GB 128GB 64GB
外部メモリー microSDXC(最大2TB)
OS Android 8.0 Android 7.1
LTE対応バンド 1/2/3/5/7/8/18/19/28/38/39/41
3Gバンド 1/2/5/6/8/19
DSDS ○(4G+4G DSDV) ○(4G+3G)
CA対応 ○(2CC) ○(3CC) ○(2CC)
VoLTE ○(ドコモ、au、Y!mobile)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:12メガ(標準)+8メガ(広角)
/イン:8メガ
リア:16メガ(標準)
+8メガ(広角)
/イン:20メガ(標準)
+8メガ(広角)
バッテリー容量 3300mAh
高速充電 最大5V/2A 最大9V/2A 最大5V/2A
生体認証 指紋、顔
SIM形状 nanoSIM×2(microSD排他) nanoSIM×2
(microSD別)
USB端子 Type-C microUSB
3.5mmイヤホン
カラバリ シャイニーブラック、スペースシルバー ルージュレッド、ムーンライトホワイト、ミッドナイトブラック

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン