このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第444回

業界に痕跡を残して消えたメーカー メモリーの需要で急成長を遂げたAlliance Semiconductor

2018年02月05日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビデオカード業界に参入

 DRAM/SRAMに続き1994年頃から(DRAM/SRAM/フラッシュに続く)第4の柱として同社が注力したのは、マルチメディア向けである。具体的にはビデオチップである。最初に登場したのがProMotion 3210という32bitの2Dビデオチップで、低価格向け製品として登場した。

 ただ同時期の競合製品としては、S3のVision864/964、TsengのET4000/W32p、あるいはWeitekのPower 9100といった製品がそろっており、PCIバスに対応している低価格(低性能)チップ以上の評価ではなかった。

ProVision 3210のほか、AT&TのRAMDAC、SiemensのDRAM(合計1MB)、BIOS ROM程度で構成されているきわめて廉価な構成のビデオカード。DRAMの左に“miro”のロゴがあるので、これはmiro Computer Products Inc.のmiroVideo 12PDと思われる

 このProMotion 3210の内部を64bit化したのが1995年に登場したProMotion 6422である。“Drawing Engine”という64bitの描画エンジンは見えるが、これは単なるBitBltしか機能を持っていなかったようだ。

ProMotion 6422の内部構造。RAMDACを内蔵した(最大135MHz)のはコスト削減のためであろう

 ただこれをメモリー相手に直接実施すると遅くなるということで、内部にこのDrawing Engine用のキャッシュ(BLT FIFO)を搭載しているのがやや目立っている。

 やはり低価格向け、という枠を超えることはできなかったにせよ、ProMotion 3210よりは性能が上がったこともあり、こちらはもう少し採用事例も多かった。

 これをさらに高速化したのが、1996年に投入されたProMotion AT24である。最大の違いはBitBltエンジンが128bit化されたことで、カタログによれば“24bit/32bitカラーに最適化されており、256のラスターオペレーションをサポート”とあるのだが、BLT FIFOはともかくメモリーバスが64bitのままだったため、どこまでこれが効果的だったかは不明である。

 細かいところでは、PCI 2.1に対応して66MHzでの動作も可能になっていたが、実際の使われ方を見ていると33MHz/32bitのみだったようだ。

ProMotion AT24の内部構造。Drawing Engine及びBLT FIFOへの帯域を128bit化した以外まったく6422と同じとしてもいい

 さて、1997年にはこのProMotion AT24に3D機能を追加したProMotion AT3Dが登場する。

ProMotion AT3D。ProMotion AT24に3D EngineとVideo Decoder I/Fを搭載した形だ。ただVoodoo Rush利用時と非利用時でLUTを変えられるように2種類のLUTを搭載するといった気配りも見える

 この3D機能、機能として列挙されているのは以下の程度で、正直あまりたいしたことはなく、あれこれ期待するのは無理という感じだ。

  • Full Hardware Setup
  • On-Chip D3D Texture Palette
  • Fast DMA Palette load
  • True divide-per-pixel perspective
  • Full lightning and fog
  • Full and compressed Z-buffer support
  • Precomputed MIPmap filtering
  • Gouraud shaing

 もっとも1997年という時期は、まだそもそも3Dゲームがほとんど存在しない(例外が3DfxのVoodoo Graphicsに対応したもの)という時期なので、最初はこんなものだ、という気もする。

 もう1つ注目なのが、3Dfx THPというI/Fポートだ。このTHPがなんの略なのかついに判明しなかったのだが、これは3Dfx VG-96、要するにVoodoo Rushに対応したポートである。3DfxはこちらをSST-96という名称で呼んでいたが、中身は同じものだ。

 ProMotion AT3Dの場合、THPポート経由でVoodoo Rush側のメモリーをフレームバッファとして使うこともできたし、ローカルのDRAMを利用することも可能だった(これを併用できたかどうか、資料が見当たらなかったのでわからない)。

 また外部にAlliance Semiconductorの7110/7111というH.264/H.324デコーダーやMPEG-2デコーダーを接続して、ビデオカード側で動画再生も可能だった。

フル構成のシステム図。ただここにMPEG-2やH.264やらのデコーダーを搭載したビデオカードが最終的に出荷された、という情報はない

 このProMotion AT3Dから3D機能を抜いた廉価版が、同時に発表されたProMotion AT25であり、Voodoo Rushのカードにはこちらが多く搭載されることになった。もちろん、Promotion AT3D単体を搭載したカードもいくつかはあったようだ。

Promotion AT3D単体を搭載したカード。シンプルな構造は相変わらず。一応DirectX 5のドライバーはあった模様。性能はローエンドとして最低限の性能は備えていたようだ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン