前へ 1 2 次へ

学生と一緒に企画して分かった「イマ風の上質さ」とは?

新LAVIEは「ちょうどいい」がコンセプト、Better Basicを体現

小林 久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

学生にフォーカスし、見えたもの

 LAVIE Note Mobileでは見た目と使いやすさを両立したComfort Designに加えて、長く使える信頼感・安心感をコンセプトにしている。メインマシンとして持ち歩けるようディスプレーサイズを11.6型から12.5型のフルHDに変えているが、サイズ感は維持し、重量は904gから924gにとどめている。一方で薄さは18.5mmから17mmに削減。女性のカバンにすっぽり入るように角を丸めている。1日十分持ち運べる11.7時間のスタミナ性も重視した。

 面白いのはインターフェースをすべて背面にまとめている点だ。左右のポート用に基板を分割する必要がないため、コスト的な利点もあると思うが、学生が図書館や机で利用するシーンを考えた場合、辞書やテキストなどを横において使用するシチュエーションが多い。横からアクセスさせるとそのぶん幅も取る。省スペース性にもつながると考えたようだ。

 逆に側面の端子をなくしたことで、手前に向かって薄くなる、シャープな雰囲気のエッジボディ―を実現できた。

LAVIE Note Mobile

 キーピッチは19mmあり十分。静音とファンレス、低発熱設計、150kgfの面耐圧に加え、SSDや第7世代のCore i5搭載で10万円台半ばの実売価格や指紋認証の搭載など、スペック面でも十分なものになっている。細かなところでは、電源ボタンと電源ポートはメイン基板と分けて、信頼性を上げたり、底面にゴム足を付けていて、キーボードを打った時にたわみをなくすといったこだわりもあるそうだ。

NECパーソナルコンピュータ株式会社 商品企画本部 森部 良輔氏

 学生の利用を想定して、安心補償サービスは4年版を用意。1万7200円の料金で自損や過失での故障もカバーする。5月8日まで2000円プレゼントキャンペーンを実施するとのこと。

 部材選定、デザインの素材などターゲットプライスに合わせて調整たことで、低価格化も実現。基本的には日本国内限定のモデルとなるが、基本パーツはレノボの調達網も活用して値ごろ感のあるものをパッケージングしたという。ちなみに3モデルのうちエントリーとなるCeleron搭載モデル(NM150)の実売価格はOffice付きで、10万4800円とリーズナブルだ。

女子学生のカバンは小さいが、入っているものは意外と多い

 発表会にはモニターとしてLAVIE Note Mobileを数ヵ月試用したという青山学院大学 教育学部4年の山田晃子さんが登壇して感想を述べた。持ち運ぶパソコンとして考えた場合、「重かったり、場所をとるのは嫌」「女子学生の場合、化粧ポーチや充電器など持ち運ぶものが多い一方で、それをコンパクトにまとめたがる傾向がある」「値段は安いほうがいいが、軽くて丈夫なものというと選択肢がない。親がお金を出してくれるわけでもないので、10万円程度の予算で買えるモデルがあれば嬉しいな」といった学生の感覚で求めるモバイルノート像についてコメントした。

青山学院大学 教育学部4年の山田晃子さん(右)

 一方で「インスタ映えするようなノート?」という司会の質問には、「尖ったデザインやブランドにはこだわらない。道具として使いやすいものがいい」と答た。その一方で、「父親が仕事で使っているようなごっついのはいや。きゃしゃで明るめのデザインのものがいい」など、今風の学生が求めるBetter Basicのイメージを喚起させる発言もあった。

 実際にLAVIE Note Mobileを使ってみた感想としては「指紋認証(を使ったログイン)がスマホ感覚でつかいやすい」「(持ってみて)コンパクトなのがすごく重要だなと思いました」などとコメントした。

同時発表された「LAVIE Desk All-in-one」。大人世代の趣味に最適をうたい、4K動画編集やハイレゾサウンドなどにも注力している

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月