このページの本文へ

kintoneの可能性を拡げる製品・サービスが一同に集合

Cybozu Daysではますます拡がるkintoneエコシステムを見逃すな

2017年11月09日 08時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

11月8日・9日、サイボウズはプライベートイベント「Cybozu Days 2017」を開催中だ。幕張メッセを運動場に見立てたユニークな会場では、50社を超えるパートナーがさまざまな展示を行なっていた。

Cybozu Days会場の中心にはさまざまなパートナーによる展示が行なわれている

kintoneをExcel化する「krew」とcybozu.comのVPN接続に注目

 kintoneのパートナー展示でまず注目したいのは、kintone上でExcelライクな操作感を実現するグレープシティのkintoneプラグイン「KrewSheet(クルーシート)」だ。

kintoneでExcelライクな操作感を実現したkrewSheetのデモを見られるグレープシティのブース

 kintoneはスプレッドシート型のユーザーインターフェイスを持っているものの、インラインでの入力・編集ができず、右側のボタンを押して編集モードにする必要がある。これに対して、KrewSheetでは、画面上のデータをインラインで入力・編集できるだけではなく、一括編集、項目のドラッグ&ドロップ、検索・置換、リストからの選択も可能。フィルタリングや関数による集計、並べ替えまで利用可能で、まさにExcelそのものの操作性を実現している。krewSheetの作成もドラッグ&ドロップで行なえるため、Excelに慣れたユーザーも違和感なくkintoneを利用できる。価格は年払いで25万円/ドメイン。

 グレープシティはマイクロソフトの開発コンポーネントを長らく提供してきたが、Excelライクな操作性を実現するJavaScriptのエンジンを開発。これまでSalesforce.comに提供してきたが、今回kintoneでの提供も開始することになったという。今後もkrewシリーズとしてkintoneを便利にするプラグインを提供していくという。こちらはぜひ現地でデモを見ていただきたい。

 もう1つの目玉は、NTTコミュニケーションズによるcybozu.comへのVPN接続の開始だ。同社はセキュアなマルチクラウド接続を提供する「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect」において、cybozu.comへの接続を発表。cybozu.comへの閉域接続は世界初となり、サイボウズ Officeやkintone、Garoon、メールワイズなどをインターネットを経由しないセキュアな通信で利用できる。

Multi-Cloud Connectでcybozu.comの閉域網接続を介したNTTコミュニケーションズのブース

 これまでMulti-Cloud ConnectではNTTコミュニケーションズのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」のほか、AWS、Box、Microsoft Azure、Microsoft Dynamics 365、Office 365、Oracle Cloud、Salesforceなどの閉域接続を提供してきた。これまでは外資系クラウドとの接続がほとんどだったが、国産クラウドとの連携も進めたいということで、今回のcybozu.comとの接続につながったようだ。

おなじみkintone界隈のエコシステムもどんどん進化

 おなじみkintone界隈のベンダー・CIerもさまざまな展示を行なっている。まずM-SOLUTIONSは、ジョイゾー、ソウルウェア、ラジカルブリッジの3社と提携し、kintoneプラグインパッケージ「プラグインエコシステム」を販売する。また、4社を創立メンバーとしてkintoneエコシステムの発展を目指す「kintoneぷらぐ委員会」を12月に設立する予定で、関連企業に参加を呼びかけるという。アールスリーインスティテュートはgusukuに続く柱として期待されるノンプラグラミングのカスタマイズツール「gajumaru」、コクヨは紙とkintoneとの連携ソリューションを披露している。

プラグインエコシステムを推進するM-SOLUTIONSのブースは大規模案件のユーザー事例を中心に展示
ジョイゾーブースではラジカルブリッジの斎藤栄さんがプラグインについて熱弁中
ソウルウェアはkintoneの帳票出力プラグイン「RepotoneU」や勤怠管理・交通費精算ソリューション「kincone」を披露
アールスリーインスティテュートは、kintoneのカスタマイズをノンプログラミングで実現する「gajumaru(ガジュマル)」を開発中。どりぃさんもお仕事中
コクヨはデジタルノート「CamiApp S」との連携やソウルウェアの「RepotoneU」の帳票をFAXや郵送代行してくれる「Repotovas」を展示

 ときに競い合い、ときに協力し合いながらkintoneの可能性を拡げているエコシステムのパートナーたち。製品やサービスの詳細をまとめて聞くにはCybozu Daysは最適なイベントと言えるだろう。ぜひ幕張に足を運んでもらいたい。

カテゴリートップへ