このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

中堅モデルが多数登場、多機能かつコスパが売りか

ASRock、第8世代Core対応Z370マザーボード9モデル

2017年10月27日 20時30分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マスタードシードは10月27日、ASRockの「Intel Z370チップセット」搭載マザーボード9モデルを発売すると発表した。11月2日から全国のPCパーツ販売店で順次販売する。

 本製品はデスクトップPC向けのインテル第8世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Coffee Lake-S)に対応するマザーボードで、ソケットにLGA 1151を採用している。なお、第7世代Coreプロセッサーとは互換性がない。

 同社からはゲーミング向けの「Fatal1ty Gaming」とスタンダードの「Extreme(Killer)」、多機能かつ高コストパフォーマンスを誇る「Taichi」にリーズナブルな「Pro」の4ブランドが展開される。

ゲーミングモデル Fatal1ty Gaming

Fatal1ty Z370 Professional Gaming i7
背面インターフェース

 「Fatal1ty Z370 Professional Gaming i7」は、ゲーミング向け機能を多数備えたATXゲーミングマザーボードのウルトラハイエンドモデル。

 対応メモリーはDDR4-4333(4スロット/最大64GB)、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16が3基、PCI Express 3.0 x1が2基(2-Way SLIと3-Way CrossFireXに対応)。ストレージ機能はM.2が3スロット(PCI Express 3.0 x4とSATAに対応)、SATA 3.0が8ポート。

 インターフェースはUSB 3.1 Gen2が3ポート、USB 3.1 Gen1が8ポート、USB 2.0が6ポートに、AQUANTIA製10ギガビットLAN端子など。映像出力端子にはHDMI(最大4096×2160ドット/30Hz出力に対応)、DisplayPort 1.2を備える。店頭想定価格は3万9744円。

Fatal1ty Z370 Gaming K6
背面インターフェース

 「Fatal1ty Z370 Gaming K6」は、ゲーミング向け機能を備えるATXゲーミングマザーボードのハイエンドモデル。

 対応メモリーはDDR4-4333(4スロット/最大64GB)、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16が3基、PCI Express 3.0 x1が3基(2-Way SLIと3-Way CrossFireXに対応)。ストレージ機能はM.2が2スロット(PCI Express 3.0 x4とSATAに対応)、SATA 3.0が8ポート。

 インターフェースはUSB 3.1 Gen2が2ポート、USB 3.1 Gen1が9ポート、USB 2.0が6ポートに、インテル製ギガビットLAN端子など。映像出力端子にはHDMI(最大4096×2160ドット/30Hz出力に対応)、DVI-D、D-Subを備える。店頭想定価格は2万8620円。

Fatal1ty Z370 Gaming-ITX/ac
背面インターフェース

 「Fatal1ty Z370 Gaming-ITX/ac」は、小型ながらゲーミング向け機能を備えるMini-ITXマザーボード。

 対応メモリーはDDR4-4333(2スロット/最大32GB)、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16が1基。ストレージ機能はM.2が1スロット(PCI Express 3.0 x4とSATAに対応)、SATA 3.0が6ポート。

 インターフェースはIntel Thunderbolt 3(USB 3.1 Gen2およびUSB Type-Cディスプレーに対応)が1ポート、USB 3.1 Gen1が8ポート、USB 2.0が2ポートに、インテル製ギガビットLAN端子など。映像出力端子にはHDMI(最大4096×2160ドット/60Hz出力に対応)、DisplayPort 1.2を備える。店頭想定価格は2万6784円。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中