このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第359回

モスバーガーの一部店舗で「モスバル」やっています

モス飲み最高! チリドッグでビールが進む

2017年10月24日 17時00分更新

文● ナベコ 撮影●高橋 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ごきげんよう。酒好き女子のナベコです。合言葉はヒパヒパ~(ハワイの言葉で乾杯)! 今回はおなじみのチェーン店でひとり飲みです。秋は毎日24時間酔っぱらっていたいものです。

 「モスバーガー」でお酒を飲めるってご存知でしたか?

 アルコールメニューとバル風のおつまみを備えた、その名も「モスバル」は、2016年から一部店舗限定でスタートし、現在は約170店舗に拡大しています。

■飲めるモスバーガー「モスバル」の真価は?

●記者が体験しに行ってきた

モスバーガーというと、いくつかあるハンバーガーチェーンの中でも、日本発でどこか優しい味わいなので私の中では別格。寒い日にはクラムチャウダーだけ飲みに立ち寄ることもあります。

今回は神楽坂下のモスバーガーに行ってきました!

 モスバーガーでお酒が飲めるとは! 記者はこの度、初めてモス飲みしました。

 行って来たのはモスバル対応店舗の「モスバーガー神楽坂下店」。一般的なモスと内装やメニューは同じですが、アルコールとおつまみ(バルメニュー)が注文できます。

●プレモルが頼める!

モスバルではビールが飲めます。

 モスバーガーのアルコールメニューはビール一択でした。「ザ・プレミアム・モルツ」の350ml缶が販売されています。価格は350円。

●セットドリンクを+140円でビールにできる

オトクなセットメニューも用意

 ハンバーガーセットのドリンクを、プラス140円でビールに変更することもできます。

●オリジナルのバルメニューは3種

 バルメニューとして「よくばり3種盛り」「チリポテト」「グリルドソーセージ」が用意されています。各290円。いずれも、通常の店舗にはないオリジナルメニュー。

●ハンバーガー+620円で「ビール+つまみ」

 好きなハンバーガーにプラス620円で、ビールとおつまみを付けられる「バルセット」にできます。ビールとおつまみを単品で頼むより20円オトク。

モスで酒を飲むって不思議な感じ。カンパーイ!

 お酒に合いそうな「スパイシーチリドッグ」(380円)でバルセットを頼みました。セットでちょうど1000円でしたよ。ひぱひぱ~!!

●バルセットでプハー!

「スパイシーチリドッグ」。ハラペーニョの辛みがきいた、辛いもの好きに人気のメニュー。

 スパイシーチリドッグを頬張りながらうほおーーーー! と、ビールを流し込む。うんめ~~。

 食感ふわふわのバンズで粗挽きのソーセージを挟んだスパイシーチリドッグはビールと相性いいです。なぜ今までモスにビールがなかったのか不思議にも思えるくらい。

セットのおつまみは「グリルドソーセージ」にしました。

 おつまみのグリルドソーセージもよい感じでした。チリドッグにも使用している粗挽きソーセージは、食欲をそそる燻製の香り、お肉のジューシーさ、パリッとした食感を堪能でき、モスのクオリティーをあらためて実感しました。

スパイシーチリドッグのピリ辛な刺激で酒が進む!! 

 ビールが進んでしまうではないですか!

●チリポテトもいい感じでした

 酒好きゆえビール1缶では飲み足りなかったので、2缶目も頼みました。せっかくなのでおつまみも追加。

「チリポテト」を頼みました。なお「チリディップソース」だけをさらに食べたいという人は、チリディップソースが単品90円でも販売されています。

 頼んだのはチリポテト。モスならではのほっくりポテトに、豆や牛ミンチ肉を入れたスパイシーなチリディップソースは、おつまみとしてよくできているな~と感心してしまいました。

野菜を食べたい人は「こだわり野菜のサラダS 和風ドレッシング<減塩タイプ>」がよさそう。

 おつまみメニューではないですが、レギュラーのサイドメニューに「こだわり野菜のサラダS 和風ドレッシング<減塩タイプ>」(240円)もあるので、栄養バランスもとれそうです。

 ビールを2缶飲んで、ハンバーガー(スパイシーチリドッグ)、おつまみ2品を食べて合計額は1640円になりました! 1000ベロを目指したところ結果1500円を超えてしまいましたが、お腹いっぱいになって満足。

モスでほろ酔い。飲める人でもあまり飛ばさずに、1、2缶で気分良くなるくらいがちょうどいいのかもしれません。

■カフェ→腹ごしらえ+ビール という使い方

 おもしろいなと思ったのは、ハンバーガー(主食)にビールがセットということ。おつまみとビールでのちょい飲みセットはありませんでした。

 お店の人に聞いてみたところ、モスバルではがっつりバルと酒を飲むというより、夜ご飯にプラスアルファでビールを飲みたい人が利用するケースが多いそう。モスバーガーはやはりカフェやファミリー向けという側面が強いのでしょうね。

 私としては、モスを読書や軽作業の場として活用しつつ、小腹が減ったらハンバーガーにビールを楽しむというコンボをしたいなと思いました。モスでパソコン作業をする人にとって仕事じまいにビールは最高でしょうね。

 ちなみに、モスバルでは基本的には缶ビールでの提供ですが、数店舗のみビールサーバーを導入しているそうです。ザ・プレミアム・モルツの樽生は390円。都内だと大崎店、三軒茶屋店などでしかやっていないと、なかなかレア。お近くのモスで生ビールをやっていたら間違いなく人に自慢できますよ!


●取材した店舗
「モスバーガー神楽坂下店」
住所:東京都新宿区神楽坂1-10-1
営業時間:平日6時~23時/土日祝7時~23時
※モスバル対応店舗の検索は コチラ から

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!


ナベコ

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になったので写経を体験したい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

   

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧