このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

コスパ&コスト重視の秋のPC自作レシピ 第1回

動画配信もおまかせ! PUBGを遊べる低コストPCを組み立てる

2017年10月16日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PC自作初心者も安心な定番インテル構成ならコレ

 12スレッドのRyzen 5で構成したゲーミングPC構成も魅力的だが、自作初心者には敷居が高めなのも事実。Yさんにお願いしてインテルプラットフォーム採用のコストを抑えた「PUBG」構成を提案してもらった。

 「Core i5-7600K」やZ270チップセット採用マザーボード、「GeForce GTX 1060 6GB」などをチョイス。Windows 10を含めて、15万円台前半で収まる構成となっている。

パソコンショップ アーク スタッフY氏
PC自作初心者向けの定番インテル構成
CPU Intel「Core i5-7600K」
(4コア/4スレッド、定格3.8GHz、ブーストクロック4.2GHz)
2万7297円
CPUクーラー サイズ「IZUNA(SCIZN-1000I)」 3280円
マザーボード ASRock「Z270 Pro4」(LGA1151、Z270、ATX) 1万4800円
メモリー SanMax「SMD4-U16G48M-24R-D」
(DDR4-2400、8GB×2枚)
1万3399円
SSD Western Digital「WDS256G1X0C」
(WD Black PCIe 256GB、M.2 NVMe)
1万3195円
HDD 東芝「DT01ACA100」(1TB、SATA3) 4334円
光学ドライブ   なし
ビデオカード Manli「M-NGTX1060/5REHDP」
(GeForce GTX 1060、GDDR5 6GB)
3万2480円
PCケース ZALMAN「Z9 Neo」(ATX) 8315円
電源ユニット Cyonic「AU-550X」(80PLUS GOLD 550W) 8500円
小計(税抜)   12万5600円
消費税   1万48円
総額(税込)   13万5648円

※価格は10月7日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

LGA1151向けマザーボードもIntel LANを採用するASRock「Z270 Pro4」

デュアルファン仕様のGeForce GTX 1060 6GB搭載ビデオカードのManli「M-NGTX1060/5REHDP」

PCケースは密閉型フロントなどを採用するZALMAN「Z9 Neo」

コンパクトなRyzenゲーミングBTO PCにも注目!

 ゲーミング向けのオリジナルBTO PCもあるパソコンショップ アーク。Ryzen搭載ゲーミングPCが欲しいけど、自分で組む自信はちょっと……という人にオススメなのが、YさんがプロデュースしたRyzen搭載コンパクトゲーミングPCの「Dainsleif(ダインスレイフ) CY-AR6B35MI-S Type-Y」だ。

 SilverStoneのスリムブック型ケース「SST-ML08」に、Ryzen 5 1600XやGeForce GTX 1060 6GB搭載と、かなり尖った仕様のBTO PCに仕上がっている。

スタッフYさんプロデュースの「Dainsleif(ダインスレイフ) CY-AR6B35MI-S Type-Y」。Ryzen 5搭載のコンパクトゲーミングPC

【取材協力】

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中