このページの本文へ

24時間対応の細かいサポートも!

40タイトル動作サポート、GTX 1070の17.3型ノートで安心快適ゲーム

2017年10月04日 17時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GALLERIA GAMEMASTER NX」

 高負荷を要求するオンラインゲームを快適に動作させるスペックに加え、40タイトル以上のゲームの稼働が確認済み、かつ動作サポートまで実施してもらえる「GALLERIA GAMEMASTER」シリーズ。その中でもCPUにCore i7-7700HQ、GPUにGeForce GTX 1070を搭載し、デスクトップパソコンに引けを取らないハイスペックなゲーミングノートパソコンが「GALLERIA GAMEMASTER NX」だ。

 ディスプレーは17.3型で、メモリーやストレージなども標準で大容量となっている。今回は「GALLERIA GAMEMASTER NX」について、外観と使い勝手などを紹介する。

据え置き型のように安定して使えるどっしり感で
拡張性にすぐれた「GALLERIA GAMEMASTER NX」

 17.3型のGALLERIA GAMEMASTER NXは、およそ幅428mm×奥行き294mmと、ノートパソコンとしてはかなり大きく感じるが、その分大画面でゲームを楽しめる。解像度は1920×1080ドットで、HDMI端子やMini DisplayPortでより大きなテレビやディスプレーにも接続できる。

 厚さはおよそ48mmとかなり厚め。これだけ大型の筐体なので、重量も約3.7kgでずっしり感がある。ゲーミングパソコンということを考えると、持ち歩く前提ではないパソコンなので重さはたいして問題ではなく、逆にずっしりしている分ゲーム中に本体が動かず好都合だ。

 さらに底面にはすべりにくい4つのゴム足がついており、しっかりと設置できる。ゲームに熱が入り、ついつい力が入ってしまってもパソコンが動きにくいのはうれしい。なお、底面には空気が出入りするように通気口が設けられている。さらに今なら底面に接続できるノートパソコン冷却台をプレゼント中だ(10月3日現在)。この冷却台を付けると、180mmの大型ファンからこの底面の通気口へ空気を送り込むので、冷却がはかどる。

底面中央部分に通気口がある

 また、拡張性にも富んでいる。外部出力はUSB 3.0端子×6、USB 3.1(Type-C)端子が用意されている。これだけあれば、周辺機器の接続で困ることはないだろう。

マシン背面には、Mini DisplayPort、USB 3.1(Type-C)端子、HDMI端子、LAN端子、電源端子を配置
マシン左側面には、USB 3.0端子×4、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子、ライン入力端子、ライン出力端子、SDカードリーダーを配置
マシン右側面には、DVDスーパーマルチドライブ、USB 3.0端子×2がある
標準でDVDスーパーマルチドライブを装備

 ディスプレーは、ノングレアタイプで映り込みが少ない画面になっている。実際に操作して見づらさはまったくなかった。少し彩度が抑えられたように見えるが、落ち着いた発色だ。視野角は少し狭い印象。だが、ディスプレーが大きい分周囲からゲーム画面を覗き込んでみんなで楽しめる。

 キーボードはテンキーを備えたフルキーボードで、バックライトが七色に輝くのが目を引く。17.3型なのでかなり横幅があるが、デスクトップ用キーボードほどではないので、文字キーボードとテンキーの間にカーソルキーが独立していない。

テンキー付きのフルサイズキーボードを採用

 キーの配置としてはWindowsキーが右側にあるのが気になるところ。とはいえ、頻繁に使うキーではないし、ショートカットキーとして使うこともそう多くはないので大きな問題ではない。

 それよりも気になったのはDeleteキーの位置だ。デスクトップキーボードの場合には、Enterキーのすぐ右側に、小さめのノートパソコンではBackSpaceキーの上にある場合が多い。GALLERIA GAMEMASTER NXの場合はテンキーのスラッシュの上にあり、Insertキーよりも右側にある。エディターを使っていて、DeleteキーのつもりでInsertキーを押してしまって上書きモードになってしまうことがあり、少々難儀した。

 キーボードのバックライトはオンオフが可能なだけでなく、配色の変更もできる。経過時間によって色が変わる設定も可能だ。

 GALLERIA GAMEMASTER NXは、通常は温度に応じて回転数を制御している冷却ファンを、強制的に最高速に固定し、GPUやCPUを強力に冷却する「クーラーブースト」機能を搭載している。クーラーブーストのオンオフは、キーボード上部にあるスイッチで切り替えが可能だ。ただ、クーラーブーストをオンにしたときに気になるのはファンの音。ゲームをする際にファンが気になるという人はヘッドセットを使用したほうがいい。ゲーム以外の負荷が低い作業するときは、クーラーブーストをオフにすればファンの音も収まる。

40タイトル以上のゲームの動作をサポート、24時間対応のサポートも

40タイトル以上のゲームの動作をサポート

 GALLERIA GAMEMASTER NXを含むGALLERIA Gamemasterシリーズでは、40タイトル以上のゲームの動作をサポートしている。タイトルは様々なジャンルが用意され、すべて実機で確認されているので、シリーズの公式サイトに掲載されているゲームであれば、なんの心配もなく、買ったその日からプレーできる。

 また、登録ユーザーであれば細かいサポートを受けられる。サポートは24時間対応。夜中にゲーム起動などでわからない点があっても、いつでもサポートしてもらえるのは安心だ。

 次回は、グラフィックス性能やゲームの稼働について、ベンチマークなどを実施し、GALLERIA GAMEMASTER NXの実力を測ってみる。

試用機の主なスペック
機種名 GALLERIA GAMEMASTER NX
CPU Core i7-7700HQ(クアッドコア、定格 2.80GHz、ターボ・ブースト時最大 3.80GHz、6MB L3キャッシュ、インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)
メモリー 16GB PC4-19200(DDR4 SO-DIMM、8GB x2、デュアルチャネル, 最大 32GB)、スロット数2
ストレージ 250GB SSD+1TB HDD
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
サウンド オンボードHDサウンド、ステレオスピーカー内蔵
有線LAN 10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
インタフェース USB 3.1(Type-C)端子、USB 3.0端子×6、SDカードリーダー、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子、ライン入力端子、ライン出力端子、HDMI端子、Mini Displayポート
電源 リチウムイオンバッテリー(約3.9時間)
サイズ およそ幅428×奥行294×高さ48mm
重量 約3.7kg(バッテリー含む)
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 26万9978円から

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ