このページの本文へ

Noctua「NH-U14S TR4-SP3」、「NH-U12S TR4-SP3」、「NH-U9 TR4-SP3」

Ryzen Threadripperのダイ全体を冷やせる初のCPUクーラー

2017年08月24日 22時06分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Ryzen ThreadripperのソケットであるSocket TR4対応CPUクーラーがNoctuaから登場。オリオスペックで販売がスタートした。登場したのは「NH-U14S TR4-SP3」「NH-U12S TR4-SP3」「NH-U9 TR4-SP3」の3モデル。

Ryzen ThreadripperのSocket TR4対応CPUクーラーが3モデル発売

 いずれのモデルもThreadripper全体をカバーする70mm×56mmの大型受熱ベースを採用するのが特徴。インテル系の受熱ベースと比較すると、大きさの違いが明らかだ。なお、TDP 180WのThreadripper対応空冷クーラーとしても初登場となる。ちなみに、サーバー向けCPU「EPYC」のSocket SP3にも対応する。

「NH-U14S」ベースの「NH-U14S TR4-SP3」。140mmファンは付属クリップで2基構成にすることもできる

 発売されたのは、すでに販売中の「NH-U14S」「NH-U12S」「NH-U9」をベースとしたもので、すべてサイドフロー型。基本スペックは、「NH-U14S TR4-SP3」が、140mmファンの回転数1500rpm、騒音値最大24.6dBA。サイズは、150(W)×78(D)×165(H)mm、重量1030g。

インテル系の受熱ベースと比較すると大きさが実感できる。Threadripperはデカイ

 「NH-U12S TR4-SP3」は、120mmファンの回転数1500rpm、騒音値最大22.4dBA。サイズは、125(W)×71(D)×158(H)mm、重量870g。

 「NH-U9 TR4-SP3」は、90mmファン×2基の回転数2000rpm、騒音値最大22.8dBA。サイズは、95(W)×120(D)×125(H)mm、重量895g。

「NH-U12S」をベースとした「NH-U12S TR4-SP3」「NH-U9」をベースとした「NH-U9 TR4-SP3」

 価格は「NH-U14S TR4-SP3」が1万444円、「NH-U12S TR4-SP3」が9504円、「NH-U9 TR4-SP3」が9504円。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中