このページの本文へ

ファーウェイ通信 第52回

指紋センサーやファンレスなどファーウェイならではのこだわりが多数

スマホメーカーが新しい価値を加えたモバイルPC「HUAWEI MateBook X」レビュー!

2017年07月07日 11時00分更新

文● 加藤肇 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高性能CPUを搭載しながらファンレスがスゴい
スマホと同じく、指紋センサーにタッチするだけで復帰可能

 ここからは性能の高さも売りのHUAWEI MateBook Xのスペックを詳しく見ていく。

日常的に利用するにはやはり性能面も重要だ

 CPUにはインテルの第7世代Core i7またはCore i5を搭載している。このクラスの薄型軽量のモバイルPC、ましてやファンレス仕様となると、TDP 4.5WのYプロセッサ(Core m3/i5/i7)が用いられるケースが多いが、HUAWEI MateBook XではTDP 15WのUプロセッサ(Core i7-7500U/Core i5 7200U)が搭載されている。Uプロセッサはベースとなる動作クロックが高く、全体的な処理性能も当然高くなる。

 にも関わらず、ファンレスを実現できているのは、Phase Control Material(PCM)と名付けられた素材によるヒートシンクが効率的に冷却しているため。実際にベンチマークソフトなどで、CPUに連続的に負荷をかけると、底面はある程度熱くなるが、負荷が小さくなると時間を置かずに元に戻るという印象だ。

ファーウェイの資料から。ファンレスでも効率よく冷却が行なわれる

 今回はCore i5搭載モデルを用いて、Windows 10のWindowsエクスペリエンス機能で試用機の性能を計測した。結果は下のとおりで、搭載されているSSDを含めて、モバイルPCとしては現行の最上級クラスの中身と言える。

CPUやメモリーのみならず、ストレージの性能の高さも光る

 ディスプレーは2K解像度(2160×1440ドット)の12型液晶を搭載。コントラスト比は1000:1。ディスプレーの輝度は350nitで、sRGBカバー率100%という高い色再現性を誇る。また、ディスプレー表面にコーニング社の強化ガラス「Gorilla Glass」を採用しているのもスマホ的な要素で、ひっかきに強いという特徴を持っている。

タッチ対応ではないとはいえ、ディスプレー面に傷が付くのは心配だが、Gorilla Glassの採用で安心感がある

 ファーウェイのスマホと言えば、高速認識&タッチだけでスリープ状態から復帰する指紋認証センサーがおなじみだが、この要素がノートPCにも持ち込まれている。HUAWEI MateBook Xでは、キーボード右上に配置された電源ボタンに一体化。最大10個の指紋を登録でき、それぞれを別のWindowsアカウントに紐付けが可能だ。

キーボードの右上に電源ボタンと一体化された指紋認証センサーを備える

 この指紋認証センサーは、Windows 10標準の生体認証機能「Windows Hello」と連携し、スリープ状態でも指紋センサーにタッチするだけで、自動的に復帰して、さらにログインまで済ませてくれる(もちろん指紋に紐付いたアカウントでログインする)。

Windows 10標準のWindows Helloに対応している

 デザイン的にはシンプルかつ美しいHUAWEI MateBook Xだが、端子類はUSB-Cが左右側面に1つずつとイヤフォンだけとなっている。この点については、オプションの「MateDock 2」を組み合わせることで補うことができる。MateDock 2(税抜7300円)は持ち運びも容易な小型サイズでありながら、D-sub15ピン/HDMIという映像出力端子に加え、USB 3.0のType-A/C端子を用意。プロジェクターや外付けストレージなどの周辺機器が利用でき、同時にUSB-C端子経由での充電も可能だ(USB-C端子から市販のケーブルで直接画面出力することも可能)。さらに有線LAN端子が付いた「MateDock」もあるので、用途によって選択するといいだろう。

側面にUSB-C端子が1つずつとイヤフォン端子がある

MateDock 2は持ち運びしやすいサイズに加え、D-sub15ピンも用意されているので、出先のプロジェクターなどともほぼ確実に接続できる

 そのほかのスペックとしては、メモリーが8GB、ストレージはSSD(256/512GB)、OSはWindows 10 Home(64bit)。バッテリー容量は41.4Whで、バッテリー駆動時間はカタログ値で約10時間となっている。

「HUAWEI MateBook X」の主なスペック
ディスプレー 13型IPS液晶
画面解像度 2160×1440ドット
CPU Core i7-7500U Core i5-7200U
ストレージ 512GB SSD 256GB SSD
サイズ 約286×211×12.5mm
重量 約1.05kg
端子 USB-C×2、イヤフォン
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
バッテリー 41.5Wh(約10時間駆動)
カラバリ プレステージゴールド ローズ
ゴールド
スペース
グレー
ローズ
ゴールド
スペース
グレー
OS Windows 10 Home 64ビット
Office ○※ ○※
市場想定価格(税抜) 201800円 173800円 172800円 144800円

※:Office Home & Business Premium プラス Office 365サービス

カテゴリートップへ

この連載の記事