このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第500回

テレビクルーを引き連れて、冬の熱海猫を再訪問!

2017年03月18日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いろんなお店で看板猫を発見!

 漁港のあとは猫がいるという別の場所へ。

 こちらは看板猫さん。ひょこひょこと出てきたので、這いつくばって下からローアングルで狙ってみた。

看板猫は人慣れしてるので近づかせてくれる。あっちを向いてる瞬間を狙ってローアングルで横顔を。ローアングルで捕ったときの猫の顎っていいよね(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

看板猫は人慣れしてるので近づかせてくれる。あっちを向いてる瞬間を狙ってローアングルで横顔を。ローアングルで捕ったときの猫の顎っていいよね(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 さらに別のお店へいくと、地下室から顔を出して見張ってる黒猫を発見。地下室猫ってのもよいですな。

地下室から顔だけを出してる黒猫。地下といってもあやしい場所ではないので為念。ちなみにそこには猫トイレが置いてありました(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

地下室から顔だけを出してる黒猫。地下といってもあやしい場所ではないので為念。ちなみにそこには猫トイレが置いてありました(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 箱におさまってるそのお店の看板猫。

店頭の箱におとなしく収まってるの図。目線が上を向いてるのは、上から撮ってるテレビカメラを気にしてるから(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

店頭の箱におとなしく収まってるの図。目線が上を向いてるのは、上から撮ってるテレビカメラを気にしてるから(2017年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 みんなに撮られるプレッシャーに耐えかねてか、この2匹はこのあと店を脱出して駐車場で日向ぼっことしゃれこんだのでありました。

手前も奥も駐車場。そこの塀に2匹の猫が微妙な距離でちょこんと乗っかったのであった(2017年1月 富士フイルム X-T2)

手前も奥も駐車場。そこの塀に2匹の猫が微妙な距離でちょこんと乗っかったのであった(2017年1月 富士フイルム X-T2)

 放送前にあまり細かく書くのもアレなので、興味のある方は番組をどうぞ。

 BSジャパンの「ポチたまペット大集合」。

 放送は2017年3月21日(火)の19時からと3月28日の19時からの前後編で、どちらもほんのちょっとだけ私が撮った猫写真や這いつくばって猫に近づいてる私の姿も映るそうです。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン