このページの本文へ

確定申告スペシャルインタビュー

電子書籍で2億9000万円 漫画家・佐藤秀峰さんの収支報告

2017年03月01日 13時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4年目……このペースじゃさすがにヤバイ……

【平成26年11月1日
~平成27年10月31日】
売上 53,589,905円
利益▲14,624,143円

── 売上がほとんど変わってない!むしろ微減している!

 そうなんですよね……ただ前年が悪かったので予算も下げておいたんです。なので赤字は1400万円くらいにおさえられているんですけど、4年間で言えば、トータルで4000万円くらいは赤字です。この年はWeb雑誌も始めてるんですよ。そこで漫画『Stand by me 描クえもん』を描きはじめたので、『特攻の島』を描くペースが遅くなり、単行本は年1冊しか出なくなり、雑誌をつくる経費は増えて……

── 大変じゃないですか。

 大変なんですよね。漫画だけ描いてれば、年2冊とか単行本が出て、経費もそんなに使わないし、作画スタッフに給料を支払っていれば問題なく回るんですけど。電子書籍の取次業をはじめたら、毎月作家さんにレポートを送ったり、データをストアに納品したりとか、いろいろ事務的な仕事が増えてくるんですね。そっちのスタッフも増やさないといけなくなって。

 それと取次を始めたと言っても、プロの作家は何だかんだと出版社とのしがらみがあり、すぐにサービスを利用してくれない。取次の中心は同人作家やセミプロの方々で、こう言っては非常に申し訳ないのですが、手間はかかるけど、正直、あんまり手数料は入ってこない。そういう作家の作品を売るノウハウがぼくたちになかった。一方、著作の電子書籍の売上はなだらかに落ちていっていて……

── 新規事業がなかなか軌道にのらない。第2創業期のような時期ですね。

 『ブラックジャックによろしく』二次利用フリー化をきっかけに、「もう紙とは決別しよう、電子書籍で生きていくんだ」と考え、ストアと契約し、電子書籍の取次業を立ちあげ、Web雑誌を発行し、自分たちでもメディアとしてやっていくんだと考え、そのすべてをやりはじめた時期でした。

── 焦りはありましたか。

 それまで貯めてきたぶんがあるので、借金しなければいけないということはなく、すごく焦っているというわけではないんですけど。「このペースじゃヤバイな」というジリジリした感じでしたよね。でもこれはまだ我慢のしどころなんだ、自分の給料を減らしてがんばろうと思っていました。

── 無借金経営なんですか、驚きました。

 借金は1回もしたことがないですね。雪国の生まれなもんで、「冬場はモノを大事にとっておいてちょっとずつ食べる」というのが身についているんですね。

── リスのような経営ですね。そしてドキドキの2016年ですが……

雪国生まれの佐藤さん

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新