このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第66回

イザというときのために方法を覚えておこう

LINEで困ったことがあったら通報しよう

2017年01月14日 10時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:LINEで困ったことをされました……
A:「通報」してみましょう

 LINEで友だちやそれ以外の人たちが困ったことをしていたり、困ったことをされたりしたことがある人もいるのでは。そのようなときはLINEの運営宛てに通報ができる。通報の仕方と効果を説明していこう。

通報したら相手のアカウントはどうなる?

 通報しても相手にバレることはないので、困ったときには通報してみよう。

 また、通報は取り消すことができない。たとえ間違って通報してしまったときにも取り消すことはできないが、一人から通報されたくらいでは即アカウント停止などにはならないようだ。多数の通報があったらすぐに動くようだが、間違えただけでは特に問題はないので安心してほしい。

「通報→理由選択→送信」の3タップでOK

 まず、友だち以外の人から友だちに追加されたときには、画面上部に3つの方法が表示される。「+追加」は友だちにする、「ブロック」はブロック、「通報」が今回のテーマである通報だ。

 友だちではない相手から困ったトークなどをもらったら通報しよう。「通報」を選ぶと、理由選択画面に飛ぶ。理由は、「スパム/宣伝目的」「異性交際/出会い目的」「迷惑行為」「その他」とあるので、理由を選択し、「同意して送信」をタップで通報できる。その後、「通報しました このユーザーをブロックしますか?」と表示されるので、ブロックする場合は「ブロック」をタップしよう。

 すでに友だちになっている相手を通報することもできる。問題報告フォームかタイムラインから通報しよう。

問題報告フォームから迷惑行為を通報できる

 タイムラインで通報する場合は、タイムラインから通報したい投稿の右上に表示されている下向きの矢印をタップし、「通報」を選び、通報する理由を選んで「同意して送信」をタップで通報だ。

通報したい投稿右上の下向きの矢印をタップ通報する理由を選ぼう
「同意して送信」をタップで通報できる

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン