このページの本文へ

4K出力も可能ないろいろ使えるミニパソコン

リンクス、超小型デスクトップPCにApollo Lake世代Celeron搭載モデルを追加

2017年01月06日 17時14分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ECS LIVA

 リンクスインターナショナルは1月6日、Windows 10 Home搭載の超小型デスクトップPC「ECS LIVA Z」を発表。1月中旬に発売する。

 2016年9月にリリースされた低価格PC向けプロセッサーのインテルCeleron N3350(Apollo Lake)を搭載する。メモリーは4GB(最大16GB)、ストレージは32GB eMMC、グラフィックはインテルHD Graphics 500でHDMIにより4K表示も可能。

コンパクトながら普通のパソコンとして利用できる入出力を装備 

 本体サイズはおよそ幅117×奥行き128×高さ33mm、重量は約365g。Windows 10(64bit)搭載モデルが2万6800円、OSなしモデルが2万3800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン