このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない- 第52回

流行りのVRを体験したらドハマりしそうになりました

2016年11月22日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

やってみたらハマること請け合い!

 まずはとにかくテストプレイをしてみようということで自分が試したあと、シャクライくんにもやってもらいました。見えている画面の説明をするシャクライくんが、ついうっかり空中を指差したりしていて、ああシャクライくんは今バーチャル世界にいるんだなぁと、なんだか納得してしまいました。

 格ゲーはあんまりうまくないとのことでしたが、VERY EASYにして、右手前ボタンの中攻撃+強攻撃をレバガチャ連打していればなんとなく勝てたりします。シャクライくんもそんな感じでなんとか勝利していました。

 終わったときに首が痛いねぇといっていましたが、それはたぶん身体をひねって横や後ろを見ていたせい。身体ごと振り向けばいいのに、なぜか手は頭と逆方向に動くことが多くて(笑)。

シャクライくんテストプレイ中。なにかを撫でている様子

爆笑中

左の方で戦っている模様だけど身体はなぜか正面向き

キャラによっては空中に飛び上がったりします。それを見ているらしい

 パソコンに繋げられた普通のディスプレーには、ゲームをプレイしている人が見ている画面が表示されます。ここで見ると3Dグラフィックスでできたキャラが平面上で戦っているように見えるのに、Oculus Riftを付けると自分が中にいるように感じられるというのが、ちょっと不思議な気がします。

 試合開始時に自キャラと敵キャラがドーンと現われるので、おおっ! と驚いてちょっと身体を引く人が続出。フィールドの壁の上の方はモニターディスプレーになっているという設定で、HPや残り時間などの情報は常にプレイヤーの正面に表示されます。

SINGLEは対CPU戦。NETWORKを選ぶと通信対戦もできます

バトル中。左右360度真後ろまでフィールドとして使えます

 終了後にはロボがすぐ目の前でポーズを取ります。そのときの立体感たるや、なんで触れないんだろう? って思うほど。顔を近づければ目の前まで寄れるし、しゃがんで上を見れば、ちゃんと下側も色が塗られたりしています。ワタシも思わずしゃがんで近づいたり手を延ばしたりしてしまいました。これはマジでそこにあるみたいに見えました。会場は広かったのでいいですが、ぶつかるものだらけの自室とかだとヤバそうです。

シャクライくんだけではアレなので、女性の写真も。モデルは近くで出展されていたエン・ジャパンの野村愛さん

ロボが出てくるなり、うわぁ! と驚き、その後もすごいすごい! とVRを堪能していました。格ゲーは苦手とのことでしたが、なかなかの腕前

YOU WIN! VERY EASYモードもあり、格ゲーが苦手な人でも楽しめます

 3DVRのおもしろさは2次元の絵では伝えるのが難しいですし、ましてや文字では伝わらないと思います。体験するのとしないのとでは大違い。やってみるまでは、まぁ最近VR流行ってるよね、程度に思うかもしれませんが、3Dグラフィックスとはいえゲームの空間自体は2Dのゲームと、ゲーム空間自体が3Dになっているのとではまったく異なります。以前体験したことがあるにも関わらず、おおっ! と思いましたし、ゴーグルが欲しくなってしまいました。もし体験されたことがなければ、ぜひ一度どこかで体験して欲しいと思います!

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ