VAIO Zでは新世代SSDが選択可能に

SIMフリーPC「VAIO S11」に新色ピンクが追加! VAIOが既存機種をアップデート

文●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは、11.6型ノートPC「VAIO S11」の新色「ピンク」を発表。そのほか、「VAIO Z」および「VAIO S15」についても、ストレージに関するカスタマイズが変更になりました。

VAIO S11が新色「ピンク」追加で4色構成に

VAIO S11

 VAIO S11は、11.6型フルHD解像度(1920×1080ドット)液晶を搭載したノートPC。USB 3.1 Type-C端子などの最新規格だけではなく、有線LANやVGA端子などいまだに使用シーンが多々ある豊富なインターフェイスが備わっています。また、Wi-Fiモデルだけでなく、下り最大150Mbps・上り最大50MbpsのLTEに対応したSIMフリーモデルが用意されています。

 発表当初は、シルバー、ホワイト、ブラックの3色展開でしたが、ピンクを追加したことにより、同社の15.5型ノートPC「VAIO S15」と同じ4色展開となりました。

天板やパームレフト部分がピンクに

 ピンクバージョンは、ソニーストアおよび各種取り扱い量販店で、11月15日午前9時より受注、予約開始。最速で、11月25日よりお届けとなります。ただし、前述のLTEモデルに関しては、ソニーストアでのみ選択可能です。

VAIO Zに最新の「第3世代SSD」
VAIO S15は全色で「128GB SSD」を選択可能

「VAIO Z」(写真はクラムシェルモデル)

 そのほかにも、同社のフラグシップPC「VAIO Z」(フリップモデル、クラムシェルモデル)ともに、「第3世代ハイスピードプロSSD」(PCIe Gen.3接続、NVMe対応)が選択可能に。

 第3世代ハイスピードプロSSDは、従来の「第2世代ハイスピードSSD」(PCIe Gen.3接続、NVMe対応)に比べ、リード速度が高速化。同社調べでは、CrystalDiskMark 5.1.2のシーケンシャルリードでは3GB/s超を記録しているとのこと。

 第3世代ハイスピードプロSSDの容量は、4種類。第2世代ハイスピードSSD搭載のベースモデルとの差額は、128GBで+5000円、256GBで+2万5000円、512GBで+6万5000円、1TBで+12万5000円(それぞれ税別)。

「VAIO S15」

 「VAIO S15」についても、SSDまわりに変更が加えられ、従来はブラックモデルでしか対応していなかった128GB SSD(SATA接続)が、ほかの3色でも選べるようになりました。

 なお、VAIO Zの第3世代ハイスピードプロSSD、VAIO S15のSSD搭載モデルともにソニーストアでのみ取り扱い予定で、11月15日午前9時から受注開始。11月25日よりお届け予定です。

キャッシュバックキャンペーンは2017年1月15日まで

 なお、今回アップデートのあったモデルを含むVAIO S11、S13、Zに関しては、現在開催中の個人向けキャンペーン「年末年始選べるキャッシュバックキャンペーン」の対象。製品購入後、レシート類と保証書を撮影して特設サイトより申請すると、必ずもらえる1万円もしくは、10人に1人抽選で決まる10万円のキャッシュバックを選択できます。キャンペーンは2017年1月15日まで。

キャッシュバックキャンペーンを実施中

 冬のボーナスなどで、PCの買い換え・新規購入を検討している方は、ぜひチェックしてみましょう。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月