このページの本文へ

GeForce GTX 960に迫る性能を低消費電力で実現

クリエイター向けPCブランド「raytrek」にGTX 1050搭載モデル登場

2016年11月09日 17時59分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは11月9日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」に、「NVIDIA Pascal」を採用したNVIDIA GeForce GTX 1050搭載モデルを3機種ラインアップに追加し、販売を開始した。

 GeForce GTX 1050はPascalアーキテクチャーの技術により、GeForce GTX 960に迫る性能を低消費電力で実現するという。

raytrek-V MX

 「raytrek-V MX」のCPUはCore i7-6700、メモリーは16GBで、ストレージは250GB SSD、1TB HDD。電源は550W 静音電源、OSはWindows 10 Home。価格は10万7978円。

raytrek-V XS

 「raytrek-V XS」のCPUはCore i7-6700、メモリーは16GBで、ストレージは250GB SSD、2TB HDD。電源は500W 静音電源(Acbel製/80 PLUS BRONZE)、OSはWindows 10 Home。価格は12万4178円。

raytrek debut! CLIP STUDIO PAINT EX動作確認済み MX

 「raytrek debut! CLIP STUDIO PAINT EX動作確認済み MX」は、CLIP STUDIO PAINT EXの動作確認が済んでいるモデル。CPUはCore i7-6700。メモリーは16GBで、ストレージは250GB SSD、2TB HDD。電源は400W 静音電源(Acbel製/80 PLUS BRONZE)、OSはWindows 10 Home。価格は11万3378円。

 ドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトにて取り扱う。

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ