このページの本文へ

外部アンテナを搭載し通信の安定性を強化

Atom x5-Z8550を採用した2万円台のハイエンドスティックPC「DG-STK4D」

2017年02月03日 20時34分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは2月2日、スティック型パソコンの最新モデル「Diginnos Stick DG-STK4D」をドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売を開始した。価格は2万1578円。

 幅123×奥行き59×高さ22mmで、重量およそ95gのポケットに収まるコンパクトなボディーだがWindows PCとしての十分なスペックと機能を備えている。CPUにAtom x5-Z8550を採用したことで、既に発売中の「STK4D」に比べて最大クロックとCPU内蔵グラフィックスの性能が向上。

 インターフェースにはUSB3.0×2、給電用のMicro-USB、MicroSDカードスロットを搭載。最大433Mbpsの高速転送が可能な最新の無線LAN規格「IEEE802.11ac」にも対応している。外部アンテナを装備したことで、既存モデルとくらべて通信の安定性を強化している。

Diginnos Stick DG-STK4D
インテル Atom x5-Z8550(1.44GHz)、4GBメモリー、インテル HDグラフィックス 400(CPU内蔵)、32GB eMMC、Windows 10 Home 64bit

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ