このページの本文へ

事業者の負担を軽減

融資審査の結果が最短で当日に! freeeとジャパンネット銀行のクラウド型融資サービス

2016年10月26日 12時27分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 freeeは10月25日から、ジャパンネット銀行と共同でクラウド上で完結する融資サービス「クラウド会計ソフト freee」を開始する。

 従来融資のために審査を受ける際には、紙の決算書や試算表、資金繰表などの提出および銀行窓口への来店が求められるケースが多く、これらにかける時間が中小企業事業者の負担となっていた。

 同サービスは、オンラインバンキングとの自動同期機能や仕訳などの会計処理を意識しなくても、効率的に経理を行ない財務諸表を作成する機能を搭載。事業者はブラウザー上の簡単な操作により、審査に必要なデータをジャパンネット銀行に提供することで、申し込みにかかる工数を削減できるという。従来のローンでは2~3週間を要していた審査結果の受け取りが、最短で当日になるとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ