このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

長~く使える極上のPCケース2016第1回

長~く使える極上のPCケース2016【Antec/CORSAIR編】

2016年11月03日 12時00分更新

文● 千駄木 和弘 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎年恒例の「長~く使える極上のPCケース」特集。今回は2015年11月~2016年10月に発売されたPCケースの中から、「これは良いケースだよね」と編集部がオススメできる製品をピックアップした。

 近年急激に進んでいるPCの小型化により、タワー型ケースの新製品は年々減少してきているため、今年のノミネートは6製品と少ないが(うち2製品はネタ的な要素)、じっくり見ていくことにしよう。

Antec
「P9」

●URL:https://www.links.co.jp/item/p9/
●実売価格:1万3800円前後

ケース内部を見せるアクリル窓なし、正面パネルもベイカバーが並ぶだけというシンプル極まりないデザインのATX対応ミドルタワーPCケース。ビジネスシーンでも使えそうな落ち着きだ

シンプルな見た目ながら
徹底した遮音性と拡張性を両立

 静音重視のPCケースは人気のあるジャンルのひとつ。サイドパネルに吸音材シートを貼り付けたり、HDDマウントに防振ゴムを装着して振動を抑えるといった、各メーカーで静音化させる工夫を凝らした製品がリリースされている。

 しかし静音重視ケースの弱点として、吸音材を入れるためケース全体がボリューム感のある大きさだったり、重量が重くなったり、価格が少々高くなってしまう点があった。

 静音性能は持ちつつ、サイズが大きすぎず価格もお手頃な製品が欲しいな、というニーズにぴったりなのがAntec「P9」だ。

取り外し可能な5インチベイカバーは3基。パネル下側にある大きな長方形カバーは吸気ファン用のカバーで内側から外せる。エアー吸入口はまったくないが、開口部を減らして静音性を高めようという意図が伝わる背面は120mmファンを1基搭載し、拡張スロットは8つ用意。拡張スロットカバーが細かいメッシュになっているところに、こだわりを感じる
サイドパネルはスチールにポリカーボネートのシートを張り合わせた二層構造。ポリカーボネートがノイズをカットして静音性を高めている
電源ユニットを最下部に置く標準的なレイアウトを採用。ケース前方にあるドライブケージは取り外し可能で、最大430mmまでの拡張カードの装着に対応する

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中