このページの本文へ

ハイブリッドクラウド環境を提供する「HPEフレキシブルキャパシティ with Microsoft Azure」

HPE、従量課金型オンプレミス+Azureクラウドを一元提供

2016年09月15日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は9月12日、「HPEフレキシブルキャパシティ with Microsoft Azure」の販売を開始した。従量課金型のオンプレミスITリソースと、Azureパブリッククラウドを組み合わせて一元的に提供する、新しい形のハイブリッドクラウドサービス。

 同サービスは、従量課金型でオンプレミスリソースを提供する「HPEフレキシブルキャパシティ」と、Microsoft Azureクラウドとを組み合わせて提供するもの。顧客はHPEと契約し、一元的なサポートサービスや請求が受けられる。

 HPEフレキシブルキャパシティでは、HPEから製品(ITリソース)とサポートサービスをセットにした月額単価が設定される。顧客のオンプレミス環境に機器が導入され、利用開始から課金がスタートする仕組みで、顧客は大きな初期投資をすることなく、短期間でオンプレミスのITリソースを調達できる。機器の利用量はメータリングツールで測定されており、顧客は実際の使用量に応じた料金だけを支払えばよい(一定の月額基本使用料は発生する)。リソース需要の急増に備えて、バッファーキャパシティ(待機機器)も用意される。

HPEフレキシブルキャパシティのコストイメージと、提供製品および課金メトリック。今回はこれにAzureクラウドサービスを組み合わせてHPEから一元的に提供する

 このフレキシブルキャパシティにAzureパブリッククラウドのサービスを組み合わせることで、顧客は自社ポリシーに準拠し、コストとリスクを低減した信頼性の高いITサービスを柔軟に活用できる。

カテゴリートップへ

ピックアップ