このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ソニー、銅ボディーの30万円ウォークマンや20万円ヘッドフォンなどを国内発売へ

2016年09月08日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

多くのバランス端子に対応するヘッドフォンアンプ

「TA-ZH1ES」
「TA-ZH1ES」

 11月発売予定の据え置き型ヘッドフォンアンプ「TA-ZH1ES」(税抜希望小売価格価格は27万8000円)は、デジタルとアナログを組み合わせた新開発の「D.A. Hybrid Amplifier Circuit」(D.A. ハイブリッドアンプ)が特徴。

 オーディオ信号をフルデジタルアンプの「S-Master HX」で処理しつつ、同時にアナログアンプにも入力してその誤差を検出。理想的な信号になるように補正を行なう。

 これにより、特に高いインピーダンスのヘッドフォンにおいてより忠実な音の再現が可能になる。

本体上面。インフォメーションディスプレーやゲイン調整スイッチなどを装備
本体上面。インフォメーションディスプレーやゲイン調整スイッチなどを装備

 オーディオフォーマットは、PCMは768kHz/32bit、DSDは22.4MHzまでに対応。また、PCM音源を11.2MHzのDSDに変換して再生する「DSD Remastering Engine」や、MP3などの音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。DSEE HXは384kHzのサンプリング周波数に対応するほか、音質について5種類のオーディオモードから選択できるようになった。

本体前面の端子部。左から、XLR4、アンバランス出力(3.5mmと6.3mm)、バランス出力(3.5mm、4.4mm)を搭載する
本体前面の端子部。左から、XLR4、アンバランス出力(3.5mmと6.3mm)、バランス出力(3.5mm、4.4mm)を搭載する

 多様な出力端子を備えるのも特徴だ。アンバランス出力は2系統(3.5mmと6.3mm)、バランス出力は3系統(3.5mm、4.4mm、XLR4)を備え、ほとんどのヘッドフォンを変換プラグなしで接続できる。

 さらに、アナログのプリアウトも搭載しており、スピーカーと接続してプリアンプのように利用することもできる。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン