このページの本文へ

IFA 2016レポート 第10回

ZTE、299ユーロの小型ハイエンド機「AXON 7 mini」発表 日本発売も明言

2016年09月02日 18時15分更新

文● 山根康宏 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZTEはドイツ・ベルリンで開催のIFA 2016に合わせて新製品発表会を開催。今年5月に発表した「AXON 7」の機能はそのままにサイズを小型化し、価格も抑えた「AXON 7 mini」を発表しました。グローバルで9月7日に発表。日本でも発売されます。

ZTEの新製品発表会

好調な売れ行きの「AXON 7」のパフォーマンスを説明するアダム・ゼンCEO

 発表会の冒頭で、まずZTEの端末部門CEOのアダム・ゼン氏が「AXON 7」の市場での反応を報告。中国では購入者の97%からポジティブなフィードバックを受けているとのことです。またグローバル市場では、アメリカとヨーロッパに出荷した分がすぐに完売するなど、世界各国で好調な滑り出しとなっています。

 この「AXON 7」効果もあり、ZTEの市場シェアは2016年第2四半期で世界6位になったとのこと。またアメリカでは4位で、Androidスマートフォンでは3位、プリペイド端末では2位につけているとのこと。ヨーロッパでもシェアは4位になっています。

スマートフォンで利用されるアプリのほとんどが「音」を使う

「AXON 7 mini」を発表するワイマン・ラム氏

 続けて登壇したプロダクト&テクノロジー部門のVP、ワイマン・ラム氏は「ストリーミングビデオや音楽視聴、そしてビデオ通話やビデオのアップロードなど、スマートフォンでよく使われるアプリケーションのほとんどが音を使う」と説明し、スマートフォンにとって“音”が重要な性能になっていると話しました。またスマートフォンは利用者に応じてサイズにバリエーションが必要であること、さらに「AXON 7」のフィードバックを受け、サイズを小型化した「AXON 7 mini」を新たに市場へ投入するとのことです。

機能とデザインは「AXON 7」を引き継ぐ

 「AXON 7 mini」の基本的なスペックは「AXON 7」と同等。ディスプレーが5.5型WQHD解像度から、5.2型のフルHD解像度へと変わったほか、CPUはSnapdragon 820からオクタコアのSnapdragon 617へと変更されています。

 リアカメラも「AXON 7」の2000万画素に対して「AXON 7 mini」は1600万画素になりました。しかしそれでも高画質であることは変わらず、F値も1.9と明るいレンズを採用しています。一方、外見のほうはほとんど変わらず、BMWのデザイン会社と共同で仕上げたフォルムはスポーツカーをインスパイアしたもの。

音のこだわりは小型化しても落とさない

 専用のチップセットを使った音周りの機能は「AXON 7」と同等。フロントにあるデュアルスピーカーは、他社のスマートフォンとは異なりステレオサウンドをダイレクトにユーザーの耳に届けることができるとのこと。そして“ドルビーアトモス”の採用で、臨場感あふれるサウンドを再生できるとのこと。

299ユーロ(約3万4700円)と圧倒的なコストパフォーマンス。日本でも発売確定

「日本市場にも高性能なAXON 7 miniをお届けする」と話すワイマン・ラム氏

 高音質なサウンド環境と高画質カメラを備え、クラシカルでありながらもスポーティーなデザインの「AXON 7 mini」。ヨーロッパでの価格は299ユーロ(約3万4700円)と、同等スペックのライバルよりも価格が抑えられています。発売は9月7日からで、第一次販売国には日本も含まれると発表されました。

 発表会終了後にワイマン・ラム氏に話を伺ったところ、グローバルでは「AXON 7」と「AXON 7 mini」の2つを上位と下位のモデルとして展開するとのこと。日本市場へは「AXON 7 mini」を投入し「AXON 7」については現時点では未定とのことでした。なお「AXON 7 mini」の日本での価格も未定とのこと。

独特のフォルムの「AXON 7 mini」

背面には指紋センサー。指先が触れ易くする工夫も

 「AXON 7 mini」のフロントデザインは、上下にスピーカーを配置した独特のものとなっています。背面には上部中央にカメラ、その下に指紋センサーを搭載します。指紋センサーは指先が自然にタッチできるように、周りにガイドとなるスリット状の加工がされています。

スポーツカーをインスパイアしたというカーブ形状

手にフィットしやすいデザイン

 本体の断面のカーブはスポーツカーからインスパイアされたもので、どことなくスポーティーなイメージ。手に持ってみるとフィット感はよく、5.2型というサイズもあって日本人の手にしっくりとなじむように感じられます。

技適あり。日本での発売日が気になるところだ

 技適も取得済みで、日本での発売日がいつになるのか今から気になるところです。

「AXON 7」とのサイズ比較

 5.5型の「AXON 7」と比較すると、四隅の角のカーブの違いや、画面下部のソフトキー回りにデザインの差が見られます。CPUやディスプレー解像度は異なりますが、「AXON 7 mini」の299ユーロと言う価格のコストパフォーマンスの高さは驚異的と言えそうです。

  ZTE AXON 7 mini ZTE AXON 7
ディスプレー 5.2型有機EL 5.5型有機EL
画面解像度 1080×1920ドット 1440×2560ドット
サイズ 約71×147.5×7.8mm 約75×151.7×7.9mm
重量 約153g 約175g
カメラ アウト16メガ/イン8メガ アウト20メガ/イン8メガ
CPU Snapdragon 617(オクタコア) Snapdragon 820(クアッドコア)
メモリー 3GB 4GB
ストレージ 32GB 64GB
外部ストレージ microSDXC対応
OS Android 6.0
バッテリー容量 2705mAh 3250mAh
4G対応バンド バンド1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/38/40/41 バンド1/2/3/5/7/8/38/39/40/41

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン