このページの本文へ

シマンテックの「Encryption Everywhere」プログラムに日本企業で初めて参加

ファーストサーバ、Zenlogicで無償のSSLサーバー証明書提供

2016年08月31日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーストサーバは、シマンテックが展開する「Encryption Everywhere」プログラムに日本企業で初めて参加することを発表。すべてのZenlogicホスティングサービスメニューに、シマンテックおよびその子会社であるジオトラストが提供するSSLサーバー証明書を無料または特別価格で実装し、2016年8月30日より提供を開始した。今年度末までに1万サイトへの導入を目指す。

 今回新たに取り扱うシマンテックグループSSLサーバー証明書は、①DV証明書(ドメイン認証)の「標準独自SSL」(無料)と「ジオトラスト クイックSSLプレミアム」(1万3900円/年、2000円/月)、②OV証明書(企業認証)の「ジオトラスト トゥルービジネス」、③EV証明書の「ジオトラスト トゥルービジネスwith EV」。OVおよびEVの証明書の提供は2016年10月を予定している。

 ZenlogicではSSLサーバー証明書の申し込みからサーバーへの設定までがシステム化されているため、Zenlogicホスティングのユーザーは、簡単かつスピーディな導入が可能になるだけでなく、盗聴やなりすましなどのセキュリティリスクから閲覧者を守り、Google検索順位の優遇などのメリットも期待される。また今後、SSL利用時のWebサイトの表示を高速化させるHTTP/2にも備えられるという。

 ファーストサーバでは、国内事業者として初となる、「Let's Encrypt」の提供を開始し、「常時SSL」を推進。今回、セキュリティ業界大手のシマンテックが提供を開始したEncryption Everywhereに国内事業者として初めて参加し、戦略的パートナーシップの下、共同での啓蒙活動やサービス連携によるSSLサーバ証明書の利用普及・拡大により、国内での常時SSL化を一気に加速させていくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ