このページの本文へ

人とマシンが言語を通じてコミュニケーションし、相互に高め合う新たなバイクスタイル

KAWASAKI、AI搭載の次世代オートバイ開発に着手

2016年08月26日 10時00分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AI搭載バイクのイメージ

 川崎重工業は8月25日、AIを活用したオートバイの開発に着手したと発表した。

 

 AIを含むICT技術を活用し、ライダーと共に成長する人格を持つ次世代のモーターサイクルの開発を目指すという。ソフトバンクグループのcocoro SBが開発した人と機械のコミュニケーションシステム「感情エンジン・自然言語対話システム」を用いることで、AIがライダーの話す言葉から意志や感情を感じ取り、言語を通じて意思疎通する。

 さらに、クラウド上のデータセンターに蓄積した車体や走行に関する同社の知見やインターネットを通じた膨大なデータをもとに、ライディングを楽しむための適切な情報や安全・安心のためのアドバイスをライダーに提供。AIの指示により先進電子制御技術を通じてライダーの経験やスキル、ライディングスタイルに応じたマシンセッティングも可能という。

 ライダーとオートバイが共に信頼し、ライディングを通じて共に高め合い成長するという次世代のライディング環境を提案するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン