このページの本文へ

コンタクトセンターなどの自動化を実現

NTT Com、人間らしい対話ができるAI「COTOHA」提供開始

2016年10月25日 09時00分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズは10月24日、「人間らしい対話」ができるAI(人工知能)「Communication Engine “COTOHA(コトハ)”」の提供を発表した。10月31日から提供開始する。

 COTOHAは、NTTが40年以上にわたり蓄積した30万語におよぶ日本語データベースや高精度の処理技術を活用したコミュニケーションエンジン。自然な日本語を高い精度で理解し、自発的に相手との対話を積み重ねることで、コンタクトセンターにおけるエンドユーザーからの問い合わせ対応や、企業内のヘルプデスク業務ができるという。将来的には、電話やSNSを介した販売活動を担うことなども可能だとしている。

 COTOHA導入により、企業はコンタクトセンターなどにおける1次対応の自動化、それにともなう応答率上昇とエンドユーザーの満足度向上、そして当該企業における生産性向上などを実現できるという。

 なお、COTOHAの効果を最大化する応対シナリオの設計や、導入される企業ごとに最適化したチューニングを施すため、アクセンチュア・クニエ・PwCコンサルティングの3社と、販売および業務コンサルティングにおいて協業する。

 利用料金は、月額324万円から。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ