• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

前田 日明氏も運営チームに操作を習ってマスケッティアをプレー

前田 日明教官とサバゲーで対決! RED STONE「マスケッティア」の魅力をリアルで体験

2016年08月23日 17時00分更新

文● 八尋/ASCII

※これはサバイバルゲームの記事ではなく、MMORPG「RED STONE」の企画の記事なのだ

 ゲームオンが運営するMMORPG「RED STONE(レッドストーン)」で、7月21日に23番目の新キャラクター「マスケッティア」が実装された。マスケッティアは、RED STONEでは初となるガンナーのキャラクターで、テンガロンハットが特徴の西部ガンマン風の衣装に身を包み、魔力を秘めた銃を操るキャラクター。2超拳銃を使った物理攻撃から、対人戦でも活用できる敵のバフ除外、命中率を減少させる攻撃など、多種多様なスキルを駆使して戦う点が特徴となっている。

23番目の新キャラクター「マスケッティア」

 そんなマスケッティアの実装を記念して、「オンラインRPG『RED STONE』サバイバルゲーム企画」と銘打たれた企画が開催された。その内容は、ゲームオンらしいぶっ飛んだ企画だった。

前田 日明氏を教官に迎え、サバゲーで対決!

ゲスト兼教官として登場した前田 日明氏

 企画が実施されたのは、秋葉原にあるサバイバルゲームフィールド「ASOBIBA秋葉原店」。マスケッティアがガンナーということで、銃での戦いとはどういうものなのかを知りたい! というRED STONE運営チームが教官として迎えたのは、なんと前田 日明氏。前田氏は、いわずと知れた総合格闘技団体リングスのCEOであり、アマチュア、セミプロ選手による総合格闘技大会「THE OUTSIDER」の旗揚げ人でもある総合格闘家だ。

 ではなぜゲームオンが前田氏をサバイバルゲームの教官として迎えたのか。それは、前田氏が「前田隊」なるサバゲーチームを率いているほか、サバゲーフィールドも経営しているほどのサバゲー好きだからである。

司会はコスプレイヤーの☆カミィ☆ さんが務めた

 企画では、前田氏とRED STONE運営チーム、メディアでレッド/イエローの2チームに分かれて、5分間2試合のチーム対抗戦を実施した。レッドチームのリーダーは、RED STONE日本運営プロデューサーの嶋田 真人氏、イエローチームのリーダーは前田氏が担当。私は前田氏率いるイエローチームに配属された。

レッドチーム

イエローチーム

 試合に入る前には、怪我のないよう前田氏指導のもとしっかりと準備体操とストレッチをこなした。総合格闘家にストレッチの仕方を教えてもらうという、なんとも贅沢な時間だった。

このストレッチではどこをのばしているのかなど、丁寧に教えてもらった

組み合いのようだが、これもストレッチの1つ

プロデューサーの嶋田氏やEMの豆たろう氏もストレッチを直々に教えてもらっていた

訓練のようなストレッチも。試合前から結構ヘトヘトになった

ストレッチ後は、サバゲーについてや実際に聞いた戦地の話など興味深い話をいろいろしてくれた

その後、スタッフの注意説明を聞き、いざフィールドへ

 結果は、1試合目が9対5でイエローチームが勝利、2試合目は5対9でレッドチームが勝利し、引き分けとなった。私はサバゲーはほぼ初めての体験で、かなりビビりながら対戦したが、何発か相手にヒットさせることができた。前田氏と同じチームということで緊張していたが、どんどん攻め込んでいく前田氏につられて、ガンガン攻めることができた。

最初かなりビビった

だんだん慣れてきて、最終的には楽しめたし、相手にヒットさせることもできた

前田氏がチームリーダーという安心感はすごかった

私は運よく同じチームになれたのでわからなかったが、プロデューサーの嶋田氏いわく、「試合中の前田さんはかなり怖かった」とのこと

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう