このページの本文へ

顔が斜めに写っていてもしっかり認識

小顔やしわ除去も! 写真の顔を認識し細かくメイクできる「MakeupDirector」

2016年08月09日 20時43分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MakeupDirector」

 サイバーリンクは8月9日、パソコンに保存した人物写真にメイクを施せるWinodws用ソフトウェア「MakeupDirector」の販売を開始した。ダウンロード版のみのリリースで、価格は5980円。

 MakeupDirectorは、メイクアップアプリ「YouCam メイク」を手掛けるPerfect Corp.と共同で開発。写真の中の顔に100ヵ所以上のマッピングを行なうことが可能で、様々なメイクが施せる。メイク以外にも、顔の輪郭をスリムにしたり、しわの除去や歯を白くするなど、より美しく補正できる機能も備えている。

顔は、美肌、ファンデーション、チーク、小顔、メリハリ、鼻筋、ニキビけしテカリ消しなどの補正ができる
目はアイライナー、まつ毛、アイシャドー、眉毛、目の色、くま消し、デカ目、白目補正、二重まぶた、赤目補正などの補正が可能
口は口紅の色、白い歯、スマイルなどの補正ができる
ヘアは光沢と色が変更できる
デフォルトのメイクも用意されている

 MakeupDirectorの特徴の1つとして、高度な顔認識技術が挙げられる。写真を取り込むと、顔の位置を検出し、顔が斜めに写っていたとしてもしっかり認識するという。検出時に顔以外の部分が検出された場合は、ブラシを使用して顔部分のみに補正を適用させることができる。

 そのほか、Perfect Corp.が運営するファッション&ビューティー系コミュニティー「Beauty サークル」と連動し、MakeupDirectorで使用したメイクデータをBeauty サークル内で公開したり、ユーザー同士でシェアすることも可能だ。メイクアプリのYouCam メイクからSNS 「Beautyサークル」に新規登録すると、MakeupDirectorを無償提供するサービスも実施する。

 対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語。今回販売開始されたWindows版に加え、Mac OS版も9月にリリース予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン