このページの本文へ

CD/DVD/Blu-rayへの書き込みに加えてモバイルメディアへの変換など機能豊富

サイバーリンク、ディスクライティングソフト最新版「Power2Go 11」

2016年11月08日 19時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Power2Go 11製品ページ

 サイバーリンクは11月8日、ディスクライティングソフトの最新版「Power2Go 11」を発表。ダウンロード販売を開始した。

 データ書き込み、ディスクオーサリング、オーディオCD作成などに加えてBlu-rayオーサリングにも対応。家庭用のBlu-rayプレーヤー/レコーダーで再生できるBDMVとAVCHD形式でのディスクオーサリングや、モバイル機器向けにファイルを自動設定する機能、ファイルエンコード時に画質を補正する機能などが追加されている。

 Power2Goシリーズでは、これまでにもディスクライティング機能以外にモバイル機器向けの動画ファイルエンコードといった機能が追加されているが、最新版では新たにWindowsのシステムファイルが保存されたハードディスクのパーティションを丸ごとUSBメモリーに保存できる機能が追加されている。

 対応OSはWindows 10、8.1/8、7。ダウンロード販売を開始しており、プレミアム版(BDMV/AVCHD 書き込み・システムバックアップ対応)は7020円、デラックス版(CD、DVD、Blu-ray への書き込み、モバイル向けメディア変換)は5700円。いずれも15日の無料使用版も用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン