このページの本文へ

セキュリティーを強化し、256bitの暗号化に対応

マルチメディア統合ソフト「Nero 2017」シリーズが10月20日に発売

2016年10月13日 20時04分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャングルは10月20日より、マルチメディア統合ソフト「Nero 2017」シリーズ各商品を全国の家電量販店およびECサイトで一斉に販売開始する。

 同シリーズでは、ライティング機能のセキュリティーを強化し、256bitの暗号化に対応した。また、動画編集機能では高品質なH.265/HEVCの入力や編集に対応。4Kに最適化されたテンプレートや800種類以上のエフェクトにより、高画質ムービーを制作できる。

 作成したムービーは目的のデバイスを選ぶと、最適なフォーマットに変換可能だ。「Nero MediaHome WiFi Sync」アプリを使用して、Wi-Fi経由でスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にムービーを転送できる。

 シリーズ最上位版「Nero 2017 Platinum」の動画編集では、シンプルな操作で編集ができる「エクスプレス編集」モードを搭載している。

エクスプレス編集

 製品のラインアップと価格は以下の通りだ。

BOXパッケージ商品

  • Nero 2017 Platinum 1万4018円
  • Nero 2017 Classic 1万584円
  • Nero Video 2017 5378円
  • Nero BurnExpress 2017 4298円

ダウンロード商品

  • Nero 2017 Platinum 1万4018円
  • Nero 2017 Classic 1万584円
  • Nero Video 2017 5378円
  • Nero Burning ROM 2017 5378円
  • Nero BurnExpress 2017 4298円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン