• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • Amazonプライム会員向けサービス「Prime Gaming」が2022年7月の特典を発表!

  • CPU性能が低いとGPU性能差も縮まる!?廉価版Ryzenと組み合わせる最適なRadeonを探ってみた

  • スクウェア・エニックス完全新作!ファンタジー×生活シミュレーションRPG『ハーヴェステラ』がSwitchとSteamで発売決定

  • 『SDガンダム バトルアライアンス』のオリジナル機体&キャラクターが判明!参戦する原作機体も続々と!!

  • スクウェア・エニックスの新作S・RPG『The DioField Chronicle』の先行体験生放送が7月2日に配信決定!

  • 滅亡後の世界にも脅威は降りかかる。PS4/Switch用サバイバルSLG『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』最新情報を紹介

  • 発売日が12月9日に決定!『ドラゴンクエスト トレジャーズ』店舗別予約・早期購入特典などの情報も公開

  • 『あいりすミスティリア!』の『穢翼のユースティア』コラボ開催!コラボ実施の経緯についてインタビューも掲載

  • 胸元空いた呂布の浴衣がヤバい『れじぇくろ!』の七夕イベント「七夕に願いを込めて」をレポート

  • Switchでも『ペルソナ』が発売決定!ペルソナ25th記念特番『P5R』ミニライブの配信も

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022July

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

ナイアンティックがコメントを掲載

ポケモンGO「ブラジルと南米で遅れたのは不正アクセス原因」

2016年08月08日 20時00分更新

文● 貝塚/ASCII

 ナイアンティックは、ウェブサイト上で「Pokémon GOの運用についてのアップデート」という文書を発表。「Pokémon GOをブラジル、及び南米地域にて配信開始いたしました。(中略)配信が遅れてしまった理由はPokémon GO のアプリ外から利用規約に反してサーバーへ不正にアクセスしようとする第三者のアグレッシブな行為によるものです」とブラジル、南米地域で配信が遅れた理由に触れた。

 同社では、「第三者からの不正なアクセス」をブロックした結果、サーバーの負荷が大幅に減り、「今後の配信地域の拡大や、プレーヤーの皆様に提供できるサービスの品質を保つ事が可能となり、南米地域の配信を実行する事が可能」になったと、グラフとともに説明。「第三者からの不正なアクセス」が何を示すのかは具体的に触れていないものの、「サーバーへ直接アクセスするツールはボットや不正行為の温床でもあり、トレーナーの皆様全てに悪影響を及ぼします」と述べ、悪意を持ったハッキングだけでなく、サードパーティー製のツールなども一括してブロックしていることを示唆している。

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう